ロッド 写真

新作グラッピーが2018年春登場!楽々ショートレングスロッドでバス釣りをもっと楽しもう!

FISHING JAPAN 編集部

2018年テイルウォークから6フィート以下の長さ、ショートレングスでシングルグリップな新作ロッドがリリースされますよ。

その名は、グラッピー。

皆さんは、ロッドの長さを意識しながら、その効果を目いっぱい使いこなしていますか?

グラッピーなら、グラッピーだからこそ、存分に楽しめるバス釣りを提案してくれそうですね。

その特徴と製品ラインナップをじっくりご紹介しましょう。

2018年登場の新作グラッピーってどんなショートロッドなの?

グラッピーとは、2ピース構造のベイトロッドです。

製品ラインナップは2種類で、ブランク素材はグラスコンポジット。

つまり、カーボン素材オンリーの超硬くて高感度で曲がらないロッドではない!ということです。

ルアーを投げようと思ったら大きく曲がり、魚が掛かったらもっとひん曲がる仕様。

これはもの凄く楽しそうですね!

グラッピーの特徴あるグリップに注目!

このロッドのグリップを見てください。

1900年代にアメリカのロッドメーカーが採用していたような、短めのシングルグリップを採用していますよ。

これならカヤックやフローター・手漕ぎボートに乗って操るのに、取り回しが良さそうですね。

オールラウンダーなグラッピー!

グラッピーはスローアクションで、55MLのほうは1オンス、60Mのほうは2オンスのルアーをキャストできるようになっています。

ということは、トップウォータープラグはもちろん、ビッグベイトやクランクベイト・ジャークベイト・スピナーベイトなどをガンガン扱うことが可能です。

ガイドはステンレスフレームで、リングはSIC。

ナイロンでもPEでも、好みのラインを使えそうです。

製品ラインナップとスペック表はこちら

グラッピー長さ(ft)継ぎ数仕舞寸法(cm)自重(g)適合ルアー(oz)適合ライン(lb)アクションメーカー希望本体価格(円)
55ML5.52851301/8-110-20スロー16,000
60M6.02931351/4-210-20スロー17,000

グラッピーの長さと自重なら、女性アングラーや子供でも十分扱えるでしょう。

さまざまな可能性を秘めたショートレングスロッド・グラッピーを、是非使ってみてください。

リーズナブルな価格設定も魅力的ですよ!

同メーカーの現行ショートレングスモデルはこちら

テイルウォーク(tailwalk) CAMPY C56L-Re 17122

テイルウォーク(tailwalk) CAMPY C56L-Re 17122

Amazonへ 売り切れ

ベイトロッドの関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング