ルアー 写真

スライドアサシン100Sは2018年発売の新作シンキングペンシル!そのスペックと解説動画を大公開!

FISHING JAPAN 編集部

2018年にシマノから新発売となるシンキングペンシルがあります。

その名は、エクスセンスシリーズのスライドアサシン100S。

どうやらこれまでのルアーと異なり、そのスイム姿勢・フォール姿勢に注目すべき新作アイテムのようです。

詳細なスペックや解説動画をご紹介しましょう。

2018年新作のエクスセンス スライドアサシン100Sとはどんなルアーなの?

エクスセンス スライドアサシン100Sは、全長100ミリで自重23グラムのシンキングペンシルルアーです。

ミノーに付いているリップが無いので、キャスト時の空気抵抗は小さく抑えられています。

水中でのアクションは、頭部の凹みが担ってくれそうですね。

シマノではこの凹みをヘッドリップと呼び、独特のワイドなS字スラロームアクションを低速でも発生させる起因としています。

飛距離が伸びてアクションが発生しやすいというのは、釣り人にとって非常にありがたい機能ですよね。

ルアー 写真

水を掴んでアクションの起因となるヘッドリップ

出典:シマノ

スライドアサシンのヘッド部の凹みに注目!

ヘッド部分の凹みといえば、古くはクリークチャブやヘドンといった本場アメリカンルアーにその起源を見ることができます。

その発展型が最新の技術として日本製ルアーに搭載されたというのは、とても喜ばしいことですね。

釣り人の経験値が、しっかり受け継がれていく気がしますよ。

スイム姿勢・フォール姿勢をチェック!

スライドアサシンは、水中でのスイム姿勢もフォール姿勢も、ほぼ水平を保っています。

フィッシュイーターから見れば無用心なベイトフィッシュに見えますから、下方からの食い上げを誘うには格好の姿勢といえるでしょう。

動画でそのスイムアクションとともにご確認ください。

水中アクションと分かりやすい解説動画はこちら

2018年新作のスライドアサシンは、貫通ワイヤー構造を採用しているので、大型魚が掛かってもヒートンごと引き抜かれる心配がありません。

AR-C重心移動システムによる遠投性能も大きな魅力です。

平均飛距離は69メートル、これなら今まであきらめていた沖合いのライズも、ジグ撃ちのように狙えるかもしれませんね。

製品のご購入はこちら

シマノ エクスセンス スライドアサシン 100S X AR-C

シマノ エクスセンス スライドアサシン 100S X AR-C

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シーバスの関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング