釣り人 写真

ライトショアジギングを波止から楽しもう!どんなタックルを準備すればいいの?

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、回遊している青物を波止から狙ったことがありますか?

大きなシンペンやジグでは反応してくれない、いわゆるマイクロベイトパターンのときに頼りになるアプローチが、ライトショアジギングです。

それに必要なタックル・ロッド・リール・ライン・ルアーをご紹介しましょう。

ライトショアジギングってどんな釣りなの?普通のショアジギとどこが違う?

ライトショアジギングとは、通常のショアジギで使うようなヘビーウエイトでビッグボリュームのジグを用いない釣り方です。

具体的には、マイクロベイトを追いかけているようなときに、そのサイズに合わせた極小ジグを投入して誘うスタイルを指します。

ライトショアジギングで用いるルアーは軽量メタルジグ!

この釣り方で準備しておきたいのは、まずマイクロベイトに見えてしまうスリムで軽量なジグです。

15グラム前後なら、それっぽく見えるボリュームですよね。

アシンメトリー(=左右非対称)なデザインのほうが、水中で不規則にヒラヒラ泳いでくれるでしょう。

フックはアシストも含めて、よく刺さるものを付けるようにしてください。

使用タックルはジグのウェイトに合わせよう!ロッド・リール・ライン

ライトショアジギングで用いるジグが定まったら、それに合わせて他のタックルをセッティングしていきましょう。

ジグが15グラムなら、ロッドは9フィート前後のミディアムライトクラスがおすすめです。

リールは2500番のスピニングリールに、PEラインの0.6号を巻いてください。

ショックリーダーは3号前後にしておきましょう。

丁寧で分かりやすいライトショアジギングの解説動画はこちら

ライトショアジギングなら、初心者でも手軽に始めることが可能です。

キャスト時もロッドを軽く振り抜けるので、遠投の練習にもなりますよ。

サゴシやハマチなど、さまざまな魚がターゲットになってくれるので、興奮すること間違いなしです!

しっかり防寒してフィールドに出向いてくださいね。

おすすめアイテムのご購入はこちら

メジャークラフト ルアー ジグパラ マイクロスリム JPMSL

メジャークラフト ルアー ジグパラ マイクロスリム JPMSL

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

ショアジギングの関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング