バス ルアー 写真

冬のトップウォーターってどうすれば釣れるの?カバー+何が必要か検証します!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さんは、冬のトップウォーターについて釣れるイメージが湧きますか?

暖かい時期でもトップウォーターのバス釣りを苦手にしている人は多いですよね。

実は、冬ほどバスの居場所を探しやすい季節はないんですよ。

ここではその特徴や釣り方・プラグの選び方を検証してみましょう。

冬のトップウォーターって過酷なイメージがあるけど?実際にバス釣りをやってみると・・

冬のトップウォーター、いわゆる水面付近の状況を思い浮かべてください。

まず朝イチの気温は0℃近くまで落ち込むでしょう。

そこに北風が加われば、寒くて釣りになりませんよね。

周囲の全景を見渡して、北風の当たっていないエリアへ移動しましょう。

冬のトップウォーターは釣るエリアの選別が重要!その特徴とは?

北風が当たっていないエリアへ到着したら、浅瀬は切り捨てましょう。

そこにバスは集まっていないからです。

夕方の一定時間にのみ進入してくる特徴的な個体はありますが、ほんの数匹だけです。

その数匹のバスたちを追いかけていては、なかなか釣ることはできません。

深場に隣接した北風の当たらないエリアをプラグで攻める釣り方

注目すべきは、北風の当たっていないエリアで、なおかつ深場と隣接しているところです。

そこにカバー(=障害物)を見つけて、ルアープラグを投入する釣り方を実践してみましょう。

着水後、プラグをできるだけ横移動させないように、微細なアクションを与え続けてください。

アクションしているのに移動はさせない!というのが、冬のトップウォーターで釣る秘訣です。

表層までバスを誘い出すために音とカバーを活用している動画はこちら

実釣で使用していたルアープラグは、全てラインスラック社製です!

気温が0℃になっても、水温は表層直下で8℃前後をしばらくキープしてくれています。

8℃もあれば、バスは捕食活動をしてくれますし、しっかり泳いでいますよ。

実釣エリアの選定を間違えないようにして、丁寧なアプローチを心がければ、思わぬ大型バスが飛び出してくれます。

それが、冬のトップウォーターなのです。

寒さに負けないで、お気に入りのルアープラグをキャストしてくださいね。

トップウォーターの関連記事

冬のバス釣りのポイントはこれだ!

バス釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング