バス 写真

ダウンショットリグで冬の野池バスを釣り上げよう!その釣り方とおすすめワームはこちら!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、ダウンショットリグで冬バスを釣ったことがありますか?

アジングやメバル釣りでも重宝されているこの釣り方を用いて、手強いバスに口を使わせてみましょう。

おすすめワームやアプローチの仕方をご紹介します。

ダウンショットリグってどんな仕掛けなの?なぜ冬に効果があるの?

ダウンショットリグとは、ワームとフックの下にウェイトシンカーがぶら下がっている状態の仕掛けのことです。

ということは、水中ではワームより先にシンカーが底と接する状態になります。

これって、底付近にバスが集まっている状況に、すごく効果があると思いませんか?

冬ならそういう状況になりやすいですからね。

しっかり底をシンカーで感知しながら、ワームを泳がせてバスを誘ってみましょう。

ダウンショットリグの特徴

シンカーを重くすればするほど、遠くへ投げることができます。

しかも底にすぐ到達して離れないので、バスに見つけてもらえる確率は上がりますよ。

ただし、あまりに重くし過ぎると、バスがくわえたワームを吐き出すことにつながるので、スピニングタックルの場合なら最大5グラムくらいまでに抑えたいものです。

ロッドの角度を一定に保ちながら小刻みに震わせる釣り方!アジングやメバル釣りにも転用可能

ダウンショットリグをキャストして底に着いたら、ロッドを突き出して角度を一定に保ってください。

小刻みにシェイクしながら、リールをゆっくり回してラインを巻き取ります。

この釣り方なら底からリグ自体が離れず、ズルズルと確実に底を這わすことが可能ですよ。

海のアジングやメバル釣りにも活用する釣り人が増えていますから、アタリを取りやすい有効な手段だといえるでしょう。

おすすめワームを使った分かりやすい実釣動画はこちら

ダウンショットリグは、シンカーのウェイトを換えたりワームを換えたりすることで、バスの反応の変化を感じ取ることのできる仕掛けです。

できるだけ北風の当たらないエリアを中心に、バスが集まっていそうな深場を探してみましょう。

おすすめアイテムのご購入はこちら

OWNER(オーナー) ワーム ゲットネット GN-12 ジャスターホッグ 2.3インチ チャートイエロー #07

OWNER(オーナー) ワーム ゲットネット GN-12 ジャスターホッグ 2.3インチ チャートイエロー #07

参考価格:¥699

Amazonへ

Yahoo!ショッピングへ

リグの関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング