車 写真

釣り専用に使う車ってどれがいいの?大人気の軽自動車からピックアップ!【インプレ3選】

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、釣り場へ行くときにどんな車に乗って向かいますか?

釣り専用として人気の車種を、スズキの軽自動車から選んでみましたよ。

軽自動車のサイズなら、狭い道でも入って行けますし、駐車スペースも小さくて済みますからね。

その特徴やインプレ・車内をどのように改造しているかなどをご紹介しましょう。

釣り専用として人気の車はコレ!ハスラーのインプレを公開

釣り専用車として、近年釣り人からの人気を博しているのが、ハスラーです。

そのキュートな外観と大きめ165/60R15サイズのラジアルタイヤが、アウトドア派のアグレッシブな心をくすぐるのでしょう。

実際に乗ってみると、運転席の足元はじゅうぶんな空間が確保されていて、乗り降りもスムーズ。

ただし、室内ルーフに長めのロッドを複数本積むのは難しく、後部荷室もお世辞にも広いとは言えない!というのが、正直なインプレですね。

それでも悪路には強いですし、下回りを打ってしまうような心配はありませんでした。

ジムニーは釣り専用車としてバッチリ!改造しているオーナーも

次にご紹介するのが、ジムニーです。

軽自動車の四駆として、その認知度は他の車の追従を許さないでしょう。

悪路の走破機能をじゅうぶん備えているのが特徴ですが、やはり室内が狭いのがツライですね。

ロッドは短いものしか積めませんし、釣り人2人分のタックルとなるとかなり難しいでしょう。

それでも自分なりにうまく室内を改造し、活用している釣り人は多いですね。

ルーフにカヤックやアルミのジョンボートを乗せているケースもよく見かけます。

釣り人に愛され続けている名車だといえるでしょう。

長いロッドでも積める!エブリィワゴンは走るタックルボックス

最後にご紹介するのは、釣り専用車として最も積載量が大きい軽自動車のひとつといえる、エブリィワゴンです。

箱型のフォルムは、まさに走るタックルボックス。

車中泊も可能ですし、長いロッドも確実に積めるでしょう。

9フィート前後のカヤックなら、車内のシートレイアウトを変えれば積めてしまいますよ。

室外側面には頑丈なレインモールがルーフに沿って付いているので、ルーフキャリアを設置してボートを載せることも可能です。

釣り専用に使える車はまだまだたくさんありますから、実際に車に乗ってからインプレをお届けしたいと考えています。

2018年に発売される車にも、釣り向きのものがあるはず。

そちらもいち早くチェックして、気になる情報を取り上げます!

車の関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング