シーバス 写真

濁りの入った河川でシーバスを狙うにはどうすればいいの?おすすめの釣り方やロッド・ルアーを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、濁りの入った河川でシーバスを釣ったことがありますか?

見た目が汚なく感じてしまう雨の後の濁りですが、実はシーバスはこの状況が大好きなんですよ。

ここでは濁った河川でシーバスをとらえるにはどうすればいいか、おすすめの釣り方やロッド・ルアーをご紹介します。

どうして濁りが入るの?河川が濁ってしまう要因とは

河川に濁りが入るのは、上流域で雨が降ったからです。

濁りがどんどん下流域に広がり、海に棲んでいるシーバスが感知するようになります。

濁りで視界は遮られますが、側線と聴覚を頼りに上流へ向かってシーバスが上がってきますよ。

ベイトフィッシュをとらえやすくなると判断したからでしょうか。

河川が濁ったときのシーバスの特徴

河川のところどころに支流や水路からの流れ込みが発生します。

そこを起点にして、シーバスがベイトフィッシュを襲い始めますよ。

いつもの水質なら逃げ切れるのに、濁りのせいでシーバスに追いつかれてしまうベイトフィッシュが、あちこちで発生する事態に。

これは釣り人にとって、ビッグチャンス到来でしょう!

釣り方はしっかりと観察することから開始!おすすめロッドやルアー

釣り方は、濁りに覆われた河川をじっくり観察して、ベイトフィッシュが追い込まれてボイルしているポイントを探し出します。

時合いでいうなら、夕方近くがおすすめですね。

立ち位置から遠く離れているケースも考えられますので、じゅうぶんな飛距離が得られるロッドを用意しましょう。

長さは9フィート以上のスピニンクロッドで、4000番のスピニングリールに、0.8号前後のPEラインを巻くようにしてください。

ルアーは15グラム以上の小振りでスリムなバイブレーションプラグを選びましょう。

そうすれば、底付近も表層も、ロッドの構えとリトリーブスピードを変えるだけで対応可能になります。

濁りの強い河川の攻略を分かりやすく解説している動画はこちら

濁りこそ、ルアーの存在をぼやかしながらシーバスを誘える好条件だと認識してください。

釣り場へ出向くことが大切ですから、クルマの中に常にタックルを載せておくのも有効な手段といえるでしょう。

おすすめアイテムのご購入はこちら

シマノ エクスセンス サルベージ70S 16g XV-270M

シマノ エクスセンス サルベージ70S 16g XV-270M

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シーバスの関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング