フィッシュグリップ 写真

Zitrades フィッシュグリップは計量機能・メジャー付き!ストラップも付いていてとても便利に使える!

FISHING JAPAN 編集部

フィッシュグリップは、釣り上げた魚のダメージを最小限に抑えるためのランディングツールです。

魚から針を安全に取るためには、必須と言ってよいでしょう。

今回は、まだ1つも持っていない!買い替えを考え中!というあなたにオススメのフィッシュグリップをご紹介します!

フィッシュグリップとは?

フィッシュグリップは、釣った魚の口を挟んで持ち運ぶためのアイテムです!

魚の針を外す時に釣った魚が暴れて針が自分の手に刺さったことはありませんか?

魚のヒレやトゲやエラで怪我するなんてことは、結構よくありますよね?

そんな危険から手や体を守るため、フィッシュグリップを活用しましょう!

また、フィッシュグロップは、魚に直接触らなくてよいので、リリースする際にも魚へのダメージを最小限に抑えることが出来ます!

魚へのダメージの多くは、人間の手の体温による、火傷のような症状です。

フィッシュグリップがあれば、魚を優しくリリースできますよ!

Zitrades フィッシュグリップは、重さ・体長が測れる!

Zitrades フィッシュグリップは、釣った魚を掴み上げながら計量できます!

暴れる魚を計測するのって結構大変ですよね・・・

そう考えると、非常に便利なツールです!

魚を掴んだまま15kgまで目方計量でき、1mのメジャーも付いているので、魚のサイズまで計れます。

1本3役で非常に便利です!

魚が暴れにくい構造になっているので、釣り上げた魚と一緒に写真を撮るのも簡単です。

また、Zitrades フィッシュグリップは、錆びにくいステンレス素材でできているので、海水も対応可能です。

長期間使用したい場合は、海釣りで使った後、水道水で洗い流しましょう!

魚のトゲや歯に注意!

魚って意外と鋭い歯を持っていますよね!

魚は、魚種によって食性が違います。

そのため、歯の構造も、魚によってバラバラなんです。

例えば、マダイやクロダイは、カニやエビなどの甲殻類を好んで食べるため、非常に丈夫な歯を持っています。

カニや貝も噛み砕く鋭い歯です!

また、シーバスやブラックバスは、小魚や昆虫など好んで食べ、噛まずに丸呑みします。

そのため、大きな歯ではなく、細かくヤスリのような歯を持っています。

バスは、バス持ちの際に、親指に当たるザラザラした部分が歯です。

歯自体は小さいですが、指に刺さると痛くて、初めてその痛みを経験した釣り人は驚いてしまいます・・・

それでも、大きなブラックバスを釣り上げたときは、バス持ちして記念写真を取りたいですよね?

でも、毎回怪我するのも嫌ですよね・・・

そこで便利なのが、フィッシュグリップです!

タイなどの尖った歯でも、シーバスなどのザラザラした歯でも、怪我せずに持つことができるので、役に立つこと間違いありません!

アマゾンで高評価!インプレをご紹介!

Zitrades フィッシュグリップは、アマゾンでは82件のカスタマーレビューがあり、★4の高評価です!

お値段もお手頃なので、オススメですよ!

プライヤーも同時購入でお得に!

フィッシュグリップと同時に使うことの多いプライヤーのセットもあります。

この2点があれば、あなたの釣りがさらにランクアップしますよ!

大物を釣り上げた後は、スマートに計量し、リリースしましょう!

フィッシュグリップとフィッシングプライヤーのセット 計量器機能 収納ケースと安全ロープ付き

フィッシュグリップとフィッシングプライヤーのセット 計量器機能 収納ケースと安全ロープ付き

参考価格:¥2,399

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

今回は、Zitrades フィッシュグリップをご紹介しました!

釣り人の皆さんもぜひ一度試してみてくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング