タチウオ レモン 写真

タチウオ料理アラカルト!刺身・蒲焼・塩焼き・・・釣って楽しい食べて美味しいタチウオの究極の一品を追求しよう!お手軽なのに美味しい人気レシピを一挙ご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

タチウオは、肉質は少し軟らかいのですが、ほのかな甘味と旨みを伴った美味しい白身魚です。

その上にウロコがないので、調理が簡単というのも魅力のひとつです。

身にクセがないので生食はもちろん、煮ても焼いても揚げても美味しく、色んな料理に向く大変重宝します。

それでは、美味しいタチウオ料理の数々を紹介していきましょう。

太刀魚(タチウオ)の天ぷら

まず、一品目はタチウオの天ぷらです。

揚げたてでほくほくの身は、子どもも喜んで食べますよ。

タチウオは三枚に下ろして銀皮はつけたまま適当な大きさに切り、溶いた天ぷら粉に絡めて揚げます。

三度豆や南京なども一緒に揚げると美味しいでしょう。

揚げてもしっかりしている銀皮部分の食感が心地いいし、ふわふわの身からわき出てくる旨みが口一杯に広がったとき、間違いなく幸せな気分になるはずです。

太刀魚(タチウオ)の塩焼き

塩焼きはお腹を出してそのままぶつ切りにし、体に切れ目を入れて焼くだけです。

超簡単で美味しい料理ですね。

太刀魚(タチウオ)の蒲焼

タチウオを三枚に下ろし、適当な大きさに切り分けます。

切り分けた身に小麦粉を振りかけ、手ではたいて余分な粉を落としておきます。

次にフライパンにサラダ油を入れ、熱くなったら皮を下にして中火で焼いていきます。

皮に美味しそうな焼き色が付いたら身をひっくり返して反対側も焼きます。

身に八分ぐらい火が通ったら、濃口醤油とミリン、酒と砂糖を混ぜ合わせたタレを加え、スプーンでタレをかけながらそのまま煮詰めていきます。

身全体にしっかり味が染みこんだら出来上がりです。

そのまま食べるのもよし、炊きたてのご飯の上に乗せ、タチウオ丼にしても美味しいですよ。

太刀魚(タチウオ)の刺身

刺身にするときは、三枚に下ろさなければなりません。

頭を落とし、腹を開いて内臓を綺麗に掃除したら、1匹そのままを下ろすのは大変ですから、20cmから25cmぐらいの長さに切りわけ、まず背ビレに沿ってやや斜めに包丁を入れます。

片方に切れ目を入れ終わったら、今度は反対側に切れ目を入れます。

分かりやすくいうと背びれの両側からV字型に包丁を入れていくのです。

こうして包丁を入れ終わったら背びれを持って引っ張ってみて下さい。

背びれが簡単に取れていきます。

こうして背びれが取れた部分から包丁を入れ三枚に下ろすと簡単で早く出来上がります。

あとは皮を引いて刺身にするか銀皮をつけたまま三枚に下ろし、皮を炙って刺身にしても美味しいですよ。

皮を引いて刺身を作るときは、引いた皮は捨てないで下さいね。

この皮で美味しい一品が出来上がるのです。

太刀魚(タチウオ)皮の串焼き

タチウオに限らず魚は皮と身の間に旨みが隠されているといわれます。

その美味しい部分を捨ててしまうのは、もったいないですよね。

で、これを有効利用したのが皮焼きなんです。

皮を引くときは出来るだけ身の部分を多く付けないで下さい。

身が多く残っていると、うまく竹串に巻き付いてくれません。

なるべく薄く皮を引き終わったら、2cm幅ぐらいに細く切り分け先端から竹串に巻き付けていきます。

手元部分を4、5cm残して皮を巻き終わったら、全体に塩を振って手でクルクルと串を回しながら焼き上げます。

この串焼きはビールとの相性がよくて、あっという間に10本ぐらいは食べてしまいますよ。

太刀魚(タチウオ)のみぞれ煮

身を適当な大きさに切り、背にV字型に包丁を入れて背びれを切り取ります。

鍋に醤油、酒、ミリンを入れダシを加えて煮汁を作ります。

煮汁が沸騰したら身に切れ目を入れ、たっぷりの大根下ろしを加えてしっかり煮上げたら出来上がりです。

魚から出た旨みをたっぷり吸った大根おろしと、淡泊でクセのないタチウオの身が程よく絡んで、煮魚の旨さを教えてくれる一品になります。

太刀魚(タチウオ)の佃煮

背びれを取り三枚に下ろしたタチウオの身を幅1cmぐらいに切り分けます。

鍋に千切りにした生姜と一緒に切り分けた身を入れ、醤油、ミリン、三温糖を加えて味を調えます。

落とし蓋をし中火でコトコトと煮て下さい。

煮汁が少なくなって味が十分に染みたら出来上がりです。

そのまま食べるときは、いい酒の肴になります。

熱いご飯の上に乗せ、熱いお茶を掛けて食べても美味しいですよ。

タチウオの身から溶け出した煮汁が程よい味つけをしてくれるので、すぐにお代わりしたくなる美味しさです。

さぁ、どの太刀魚(タチウオ)料理を作る!?

今回は、釣って楽しい、食べて美味しいタチウオの料理の数々を紹介しました。

タチウオは、人気の刺し身はもちろん、煮ても焼いても揚げても美味しく食べることができるんですね!

さぁ、釣り人の皆さんは、どのタチウオ料理に挑戦しますか?

ぜひたくさん試して、自分好みの味を追求してくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング