バス 写真

シャッドプラグをローテーションしながら冬の野池バスを攻略する!その釣り方を徹底分析!

FISHING JAPAN 編集部

冬の北風が吹きすさぶ野池で、どうやったらバスを釣ることができると思いますか?

さまざまなアプローチの中から、今回はシャッドプラグのローテーションを使って、バスを釣り上げる方法をご紹介しましょう。

シャッドとはどんなプラグなのか、その特徴や使い方・タックルセッティング・実釣動画をピックアップしてみました。

シャッドプラグとはどんなルアーなの?

シャッドフラグとは、小魚そっくりにデザインされた、小型で細身なルアーのことです。

ボディに対して長めのリップが付いているので、急速潜行を得意とする特徴を持っていますよ。

潜って到達したその層で、浮きも沈みもしないサスペンド状態を保つことができるシャッドもあります。

シャッドの使い方は最も潜らないタイプを結ぶことから

まずは野池の岸辺に立ち、北風が水面に当たっていないエリアを見定めましょう。

波が立っていないのですぐに判別できますよ。

そこで最深部に向かって、最も潜らないシャッドをラインに結んでキャストしてください。

使用タックルの特徴!スピニングタックルがおすすめ

シャッドのリップが水底に触れなければ、もう少し潜るタイプにローテーションします。

それでも底に触れなければ、もう一段潜るシャッドを用意しておけばいいでしょう。

底にリップが触れて、砂煙が巻き上がるような状況を作り出せれば、バスが近寄ってきて食い付いてくれる確率はグンと上がりますよ。

使用タックルは、7フィート前後のスピニングロッドと2000番台のスピニングリールがおすすめです。

ラインはフロロカーボンの4ポンドにシャッドプラグを結ぶようにしてください。

シャッドプラグのローテーションを分かりやすく解説している動画はこちら

スピニングタックルのほうが遠投できて広範囲を探ることができるので、重宝しますよ。

底に当たって砂煙が巻き上がったら、一旦ラインを巻き取るのを止める使い方をしてみてください。

シャッドのアクションも止まり、それがバスのバイトを誘発するきっかけになるでしょう。

あまりに激しく底に当たると引っ掛かってしまいますので、ちょうどいい潜行深度のシャッドを選ぶようにしてくださいね!

おすすめアイテムのご購入はこちら

冬バスの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング