トラフグ 写真

てっちりが有名なのに関西でフグ釣りが少ないのってなぜ?その理由やナゴヤフグについての裏話をご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

冬場に盛んなフグのカットウ釣りといえば、関東の乗合船ではおなじみの釣り物です。

フグと言えばトラフグをすぐ思い浮かべてしまいますが、カットウ釣りで狙うのはトラフグではなくショウサイフグやナシフグですね。

そんなフグも地域によって色々な呼び名、そして色々な裏話があるようですよ。

寒い時期に食べたくなるフグにまつわる話を順番に見ていきましょう!

関西ではフグ釣りが少ないのはなぜ?

食い倒れの町といわれる大阪で、冬といえば「てっちり」がどんな鍋料理よりも人気があります。

しかし、驚くほどの量のフグが食べられているというのに、関西でフグ釣りはあまり盛んではありません。

それはなぜなのでしょうか?

かつては、淡路島の室津沖でトラフグ釣りが盛んに行われていたようですし、播州では昔からナゴヤフグ釣りというフグ釣りが盛んでした。

しかし、「てっちり」の人気が広まるにつれて、天然のトラフグが昔ほどは取れなくなってきたのと、養殖が盛んになったために淡路島のトラフグ釣りも消滅してしまったようです。

ナゴヤフグって何?

さて、トラフグはわかる方も多いと思いますが、ナゴヤフグってどんなフグかご存じですか?

関西ではトラフグを「鉄砲」と呼んだりします。

鉄砲もトラフグも当たると死ぬことから生まれた呼び名で、鉄砲を刺身にしたものが、てっさ、そして、鉄砲のちり鍋をてっちりと呼ぶようになったといわれています。

このフグを食べて当たると一巻の終わり、この終わりという言葉を尾張(おわり)に引っかけて、尾張といえばは名古屋だから、このフグをナゴヤフグと呼ぶことにしようとなったそうです。

ダジャレ好きの関西人は、鉄砲と呼ぶトラフグだけに留まらず、ナゴヤフグも同じような感じで名付けたようですね。

フグ釣りの乗合船も人気

瀬戸内でナゴヤフグと呼ぶのは、ナシフグやショウサイフグのことで、どちらも区別せずに釣って食べているようです。

さらに最近では、淡路島の西浦にある育波や郡家からもナゴヤフグ釣りの乗合船が出るようになったようです。

釣ったフグは、船長がさばいて身だけにしてくれるところも増えてきているので、安心して食べられますね。

色々な呼び名がつくということは、その魚が人気の証拠でもあります。

ぜひ、この冬もフグを堪能してください!

フグを狙える釣り船はこちら

【茨城県】

不動丸(鹿嶋・鹿嶋旧港)

【神奈川県】

野毛屋釣船店(横浜・金沢八景平潟)

関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング