エギ イカ 写真

ショアエギングってどんなエギング?イカがエギを抱く瞬間が見れる!その特徴と釣り方の秘訣を大公開!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、ショアエギングとはどんな釣り方なのか、その意味や内容をご存知ですか?

元々エギング自体は、ショアからエギをキャストしていましたから、ちょっと分かりにくい言葉ですよね。

でも、エギングの新しいアプローチとして人気が高まってきていますよ。

ここではその特徴やロッドなどの使用タックルについて、ご紹介します。

ショアエギングとはどんな意味?

ショアエギングとは、水深の浅い岩礁帯などで、潮が流れる方向を見定めながら、狙った岩礁をひとつひとつ丁寧にエギで撃っていくアプローチのことです。

バス釣りにおける、シャロークランキングや、スピナーベイトを利用したバンクバーナードメソッドに似ていますよね。

障害物や地形変化を海の岩礁帯と重ねて、着水してすぐにリトリーブを開始します。

エギを縫うように泳がせながら、イカを誘うわけです。

ショアエギングの特徴

これまでのエギングでは、こういった浅瀬はパスしているケースがほとんどでした。

急深の藻場などにエギをフォールさせながらバイトを取っていましたので、とても斬新です。

しかもイカがエギを抱くシーンも、目の当たりにできますから、興奮倍増で楽しそうですよね。

釣り方の基本は潮の流れを観察することから!ロッドはどんなものを選べばいいの?

ショアエギングの釣り方の基本は、満潮から引き潮に向かうときにおこなうのがおすすめです。

そのほうが着水後にラインがピンと張りやすく、エギを泳がせやすいのです。

岩に潮が当たる逆側にイカが潜んでいる確率が高いので、エギがその上を通過するように泳がせてみましょう。

釣り方の基本を丁寧に分かりやすく解説している動画はこちら

ショアエギングなら、わざわざ深場を求めて遠征する必要がありません。

あなたが住んでいる近くの釣り場で是非試してみてください。

使用するロッドは、お手持ちのエギングロッドでかまわないでしょう。

でもエギは、すぐに沈んでしまうタイプを用いないようにしてくださいね。

浅いですから、根掛かりトラブルばかり発生してしまいますよ。

おすすめアイテムのご購入はこちら

シマノ セフィア クリンチ カエル跳びアッパー 3.0号 QE-230Q

シマノ セフィア クリンチ カエル跳びアッパー 3.0号 QE-230Q

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

エギングの関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング