湖 カヤック 写真

バス釣りのマナーを再確認しよう!絶対覚えておくべき釣り人のルール

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、釣りを趣味にしている釣り人です。

それは釣りという遊びから、さまざまな楽しみを得たいという欲求に基づいた行為です。

楽しみ方は人それぞれですが、他人に迷惑をかけてまで自分の楽しみを追求してはいけません。

巨大な琵琶湖でも近所の池でも、釣り場での身勝手な行為は、許されないのです。

ここでは、バス釣りルールやマナーについて考えましょう。

バス釣りルールを考えるときに知っておきたい事実とは?

琵琶湖のような大きな湖や近所の池のどちらでも、バス釣りをすることはできます。

そこにバスがいるからですが、始めからいたわけではありません。

地元の許可を得ずにゲリラ放流された個体が、どんどん増え広がった結果なのです。

まずはこの事実を踏まえた上で、バス釣りルールを構築していきましょう。

釣り人の身勝手な振る舞いがバス釣りルールを考えるきっかけに

バスのいなかった環境に、バスが勝手に増え広がったわけですから、そこに住む人々にとっては迷惑な話です。

バス釣りを目的とした釣り人が、休日の早朝からクルマに乗って押し寄せてきます。

エンジンはアイドリングしっ放し、駐車スペースではないところにクルマを停めっ放し。

これでは釣り場のある地元の人々の日常生活が崩壊してしまいます。

ルールやマナーは何のためにあるの?何を意識しなければならないの?

釣り人が自らに課さねばならないルールとは、釣り場近隣に住む人々の生活を脅かさないことです。

これが最重要ルールであり、取り組むべき課題なのです。

騒音を立てない、ゴミを捨てない、釣り禁止エリアに立ち入らない。

そして釣り場近隣に住む人々とのコミュニケーションを密接におこなう。

どうでしょう、どれも守れていますか?

琵琶湖で釣り人が実施している環境保全の動画はこちら

バス釣りルールは、釣りをするために、釣り場環境の改善を目指したルールであってほしいものです。

そのための努力を惜しまなければ、この日本でバスとバス釣りが認知されるようになるでしょう。

釣り場の関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング