玉ウキ 写真

ウキを種類別にご紹介!ウキ釣りの奥深さを知ってウキ釣りを楽しもう!!

FISHING JAPAN 編集部

玉ウキは、誕生以来そのスタイルをほとんど変えずに受け継がれてきた、最も原始的なウキの1つです。

もちろん釣りの進歩とともに玉ウキも進化し、形や性能などがずいぶん変化しました。

しかし、その元となるウキが、進化したウキとともに今でも使われているのだから、すごいことですよね。

今回はこの玉ウキの歴史を見ていきましょう!

割り玉が進化して円錐ウキへ

和歌山県の北部が発祥の地だといわれる紀州釣りには、2種類の釣り方があります。

1つは、桐玉と呼ばれる桐の天然木から作られた桐玉ウキを使う釣り方です。

その脚の代わりにウキの下部にヒモがついていて、このヒモを道糸に固定して釣るスタイルです。

もう1つは、割り玉というウキの中心部まで切れ込みがあるものを使う釣り方です。

この切れ込みに道糸を通してから中心部の穴にようじなどを刺し、道糸に固定して釣るスタイルです。

この割り玉は、メジナやクロダイ釣りに盛んに使われていました。

これが進化して誕生したのが、円錐ウキなんです。

感度は棒ウキがすごい

ウキは、その断面積が大きくなればなるほど、波などにはよく乗りますが、感度が落ちるといわれています。

たとえば、水の粘性抵抗、潮流、水温などの諸条件を考えずに同じ浮力のウキに、同じだけの力を掛けたとき、ウキの動く大きさ(感度)は、ウキの長さ、言い換えれば断面積の大きさに比例します。

これは、玉ウキとヘラウキなどのスリムな棒ウキの感度を比べてみればよくわかります。

感度だけを優先させるなら、スリムタイプの棒ウキが一番なのです。

そのかわりに、棒ウキは波に乗りにくく、風が強い日などはトップが振れてアタリが取りにくいので、玉ウキほど遠投がきかないなどの短所もあります。

様々なウキが誕生

さて、玉ウキが進化して誕生したのが円錐ウキです。

誕生の理由は、ウキの感度を少しでも良くしようと考えたことにあります。

玉ウキの下部を削り、少しボディをスリムにして断面積を小さくすれば、水の抵抗も小さくなり感度がよくなるだろうという発想です。

この時代の原型を今も保っている円錐ウキもまだ市販されていますが、さらに進化して雨滴型のグレウキと呼ばれる形になりました。

円錐の形からさらに上部の角が取れて丸くなり、ドングリのような形をしたものも多いので、ドングリウキと呼ばれるようになったものもあります。

このようなウキ以外に、玉ウキの変型として、そろばん型やコマ型などもありましたが、今ではほとんど姿を消したようです。

ウキ1つにしても様々な種類や歴史があって、本当に釣りは奥が深いですね。

そんな奥深さを感じながら、道具を選び、釣りを楽しんでみるのも悪くはないかもしれませんよ!

関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング