フィッシュグリップ 写真

デリンジャータフで掛けた魚を確実に取り込もう!大人気フィッシュグリップのインプレを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、釣り場でフィッシュグリップを使っていますか?

歯の鋭いシーバスやチヌを確実に捕獲したいなら、必需品ですよね。

ドレスがリリースしているデリンジャータフは、大物をしっかり掴める強度のあるフィッシュグリップとして大人気です。

その特徴や使用インプレをご紹介しましょう。

シーバス釣りで使いたい!デリンジャータフとはどんなフィッシュグリップなの?

デリンジャータフとは、釣った魚を取り込む際に使うフィッシュグリップです。

サイズは長さ約17.95センチで自重約108グラムとなっています。

とてもコンパクトに設計されているので、フィッシングジャケットに収納しやすいですよ。

シーバスを挟みやすい!デリンジャータフの特徴

このフィッシュグリップは、小型の護身用拳銃をモチーフにデザインされています。

トリガー部分に人差指をかけて引っ張らないと、先端のクロー部分は開かないようになっていますよ。

クローの開きは約2.15センチ、シーバスなどの口を挟みやすいサイズですね。

強度が実感できる使用インプレ

デリンジャータフ先端の上側に付いているクローには、突起があります。

これによって口を閉じている魚に挿入しやすくなっていますよ。

一旦挟み込めばガッチリ固定しますから、安心して魚をチェックしたり撮影できます。

納得の強度は、さまざまな釣りシーンで実感できそうですね。

製品の特徴や可動状態がわかりやすい動画はこちら

デリンジャータフを実際に使ってみたインプレとして、まずは圧倒的な軽さが挙げられます。

重過ぎるフィッシュグリップは、魚が暴れると落としてしまう危険性がありますからね。

しかも高い剛性感を保っていて、大型シーバスを挟んでも持ち上げるのが楽々でした。

ぜひ釣り人の皆さんも、釣行の必須アイテムとして、加えてみてはいかがでしょう。

シーバスの関連記事

ツール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング