オキアミ 写真

マキエとサシエをうまく同調させるには?コマセのマダイ釣りで大活躍!潮の速さによってハリスを調整しよう!

FISHING JAPAN 編集部

オキアミコマセのマダイ釣りには、かかり釣りと流し釣りがあります。

どちらも釣り方の基本はあまり変わりません。

コマセをまいて、そのコマセの中にいかにうまくサシエを忍ばせマダイに食わせるか、これがキモになる釣りです。

そんなオキアミコマセの釣りで、マキエとサシエをうまく同調させるための鍵となるのが、ハリスの長さです。

マダイが食い渋ったときにハリスの号数を落とすのと同じように、その時の条件に合わせてハリスの長さも調整する必要があります。

どのように調整すればいいのか、見てみましょう!

潮がゆるい場合

たとえば、マダイのかかり釣りで、潮がゆるい場合を想定してみましょう。

コマセカゴから出たオキアミのマキエはゆっくり沈みながら潮下へと流れていきます。

その際、エサが軽く沈下スピードが遅いために、ゆるやかなカーブを描いて沈んでいきますよね。

マキエが10m流れたときに、やっと2mほど沈んだと仮定すると、その時にハリスの長さが10mであれば、どういう事態が起こるでしょうか?

マキエのオキアミは、何もついていないため軽く、沈下スピードも遅いのですが、10mのハリスの先につけられたサシエは、ハリスの影響も受けますし、ハリの重みも加わるので、当然マキエよりも沈むのが速く、深いタナに落ち着くことになります。

これでは、マキエとサシエの同調は難しいですよね。

こんなときは、ハリスを短めにして、うまくマキエと同調するように調整する必要があります。

潮が速い場合

反対に潮が速い場合はどうでしょうか?

マキエが沈むスピードより潮に流されるスピードの方が速いために、どうしても沈下が遅くなります。

こういう状況で短いハリスを使っていると、マキエの方が早く流され、それより速く沈んだサシエの上を通過してしまうことが考えられます。

そのため、このようなケースでは、できるだけハリスを長くとって、テンビンよりもかなり先の方でマキエとサシエを同調させる方がやりやすいです。

10mや12mのロングハリスを使う意味は、こういうところでも生かされるのですね。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

関連商品はこちら

DUEL(デュエル) HARDCORE(ハードコア) PEライン 1号 HARDCORE X8 200m マーキングシステム/10m×5色 H3262

DUEL(デュエル) HARDCORE(ハードコア) PEライン 1号 HARDCORE X8 200m マーキングシステム/10m×5色 H3262

最安値価格
¥1,768(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,957

楽天市場へ ¥1,964

Yahoo!へ ¥1,768

エサ釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング