マダイ 写真

マダイは嗅覚がハンパなく優れている!?その力を利用するベストなエサや撒き方はこれだった!

FISHING JAPAN 編集部

魚はその種類によって様々なエサの食べ方をしますが、マダイの場合を考えてみましょう!

マダイの摂餌(せつじ)行動は、飛びつき反転型と呼ばれるタイプです。

つまり、エサに飛びついた瞬間に反転して逃げるというわけです。

アタリが出た直後に大きく竿を引き込むのは、このためになります。

マダイは嗅覚が優れている!

魚はエサを見つけるために様々な器官を使います。

視覚、聴覚、それに嗅覚です。

この中でマダイが他の魚より優れているのは、嗅覚だと言われています。

嗅覚の能力は、臭いを感じる器官、嗅房の嗅板の数とその配列によって決まります。

嗅板の配列は、H→G→F→D→C→Bの順に嗅覚が鋭くなるのですが、マダイは最高のHに含まれており、嗅板の数も55と多いです。

ちなみにサヨリやサンマなどは、配列がCと下から2番目に低く、嗅板の数も1つしかありません。

イシダイでも配列はGで嗅板の数は24、マダイの半分程度しかないのです。

これを見ると、マダイの嗅覚がいかに優れているのかわかりますよね!

マダイ釣りに使うコマセは?

マダイの嗅覚に訴えるために、どんなコマセを使えばいいのでしょうか?

マダイのコマセ釣りは、オキアミだけというところが多いですよね。

確かにオキアミはいいエサですが、臭いはさほど強くありません。

そこで、遠方からエサを感知させるために効果的なのがアミエビなのです!

アミエビの臭いが強いのは、皆さんよくご存知ですよね。

そこでアミエビ主体ではなく、オキアミのエサに少しアミエビを混ぜてやる、これが意外に効果的なのです。

マダイ釣りのエサの撒き方は?

ブリやヒラマサはエサがあればむさぼり食うタイプですが、マダイはそうではありません。

養殖業者さんたちによると、マダイは1日に何回も小分けしてエサをやらないと食べ残しが増え、摂餌の効率が悪いそうです。

このような習性からも分かるように、マダイを釣ろうと思えば、青物のように大きなマキエカゴを使って、一度に大量のエサを撒く方法は適さないのです。

そのため、マキエカゴはできるだけ小さめ、1回に撒く量も少なめにして、ちょぼちょぼ撒いてやるのが効果的です。

「マキエを食べたいけど、もっとないかな~。」と言ったように、マダイを飢餓状態にしてやるのが、理想的な釣りとなります。

ぜひ、みなさんも参考にしてみてくださいね!

関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング