日中 魚 ルアー 写真

スローダートでタチウオ攻略しよう!ワインド釣法にも役立つコツとアイテムを大特集!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、タチウオをワインド釣法で釣ったことはありますか?

ワインド釣法とは、防波堤から沖へワーム+ジグヘッドを遠投し、ロッドをタテ方向にしゃくり上げながら左右へダートさせて、チウオを誘う釣り方です。

この方法は誘いの要素が強いので、食わせの要素を増やしたい時に難がありました。

そこで編み出されたのが、スローダート釣法です。

スローワインドとも呼ばれるこの釣り方の特徴や、おすすめアイテム・実釣インプレ動画をお届けします。

タフコンディション時におすすめ!スローダート釣法とは?

スローダートとは、流行りのワインド釣法を進化させた釣り方です。

左右のダートでタチウオを誘っても食い付いてこない時に、ぜひ試してみてください。

ルアーをダートさせてから、上層から下層へ向かってフォール(=落とし込み)させましょう。

スローダートの特徴

ワインド釣法に用いるジグヘッド、ピンテールワームもしくはシャッドテールワームを用意します。

ピンテールワームのほうが素早く動いてくれるので、広範囲を短時間でチェックできますよ。

シャッドテールワームに付け替えれば、しっかり水をつかんでゆっくり動かすことができるので、タチウオに見つけてもらうのに向いています。

釣り方の基本はフォール

ワインド釣法の時より、ロッドをタテ方向にしゃくる頻度や、ロッドの振り幅を抑え気味にしてください。

しゃくりアクションの後、きっちりルアーをフォールさせるのです。

タチウオは上方から落ちてくるものに敏感に反応するので、バイト数の向上につながります。

それでは実際に釣り場でおこなっている、スローダートの釣り方動画をご覧ください。

防波堤からの実釣インプレ動画はこちら

スローダートを実践するつもりでルアーを底まで落とし切ってしまうと、タチウオの下側へ潜り込むことになり、釣れなくなってしまいます。

ジグヘッドの自重を20グラム程度に抑えて、底より上の層をキープするようにしてくださいね。

おすすめアイテムのご購入はこちら

タチウオの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング