マアジ 写真

マアジの味の良し悪しは腹でわかる!?晩秋の今が一番うまい!脂が乗ってて美味しいマアジの特徴を大公開!

FISHING JAPAN 編集部

「アジは味なり」という言葉通り、アジは大変おいしい魚です。

魚で一番好きなものは何ですか?という質問に、アジと答える方は結構いらっしゃいます。

ただ、同じアジ科のマアジにはタイプの違うものがいて、大きさや味がずいぶんと変わるんです。

どんなものがいて、それぞれどんな特徴があるのか見ていきましょう!

黄アジと呼ばれるマアジ

ひとつは夏の終わりごろに大阪湾や瀬戸内東部にも回遊してくるメクリとか黄アジと呼ばれるマアジで、内湾の奥まで入り込み瀬につくタイプです。

体高があってヒレや体が黄金色に輝くため黄アジと呼ばれるのですが、美しさだけでなく味も一級品です。

黒アジと呼ばれるマアジ

もうひとつは鬼アジとか黒アジと呼ばれる沖合回遊型のマアジで、水深のある沈船や魚礁周りによく回遊してきます。

黄アジよりずっと大型になり、大きなものは50cmを超えるメガアジに成長しますが、全体的にスリムで黄アジほど体高は高くありません。

潮の速い海峡筋などに多く回遊がみられるので、魚の大きさと相まって、ハリに掛けてから取り込むまでスリリングなやり取りが楽しめます。

意外とテクニックが必要なマアジ釣り

マアジは口の周りが弱い魚なので、あしらい方が悪いとよく口が切れてバラしてしまいます。

それをいかに少なくするかというのもこの釣りの魅力かもしれません。

マアジの旬は初夏だと言われますが、鬼アジは水温が下がる晩秋から初冬にかけて脂が乗り美味しくなります。

ただ、不思議なことに30cmを超える大型よりは、24~25cmほどの大きさ、紀州でトツカと呼ばれる十掴み(10本の指を使って両手でつかめる大きさ)サイズの方が脂の乗りがよいです。

美味しいマアジの指標とは?

美味しさの指標は、お腹を開いてみるとすぐに分かります。

内臓をかき出すとき、腹腔膜に白い脂がべっとり付いているアジは、もう食べなくても分かります。

文句なしに絶品です。

「たたき」にすると舌が喜んで小躍りします。

少し薄めに平造りにして、身の端をたまりしょう油につけたとき、解け出た脂がさっと広がるようなら合格です。

むちっとした歯ごたえの後に、青魚特有の脂分を含んだ旨みが口いっぱいに広がります。

こういう瞬間をきっと「口福」っていうんでしょうね。

最近では、アジングという気軽に行けるアジ釣りなどもはやっています。

あなたもこの冬、「口福」を味わうためにマアジ釣りに出掛けてみませんか?

マアジ釣りのオススメ釣り船

【神奈川県】

打木屋釣船店(横浜・横浜新山下港)

鴨下丸 -八幡橋-(横浜・八幡橋)

ページが見つかりませんでした

【千葉県】

惣四郎丸(富津・金谷漁港)

関連記事

アジング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング