ワーム 写真

センコーでバス釣りをマスター!ゲーリーヤマモトが展開する塩りワームの実力とは?

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、琵琶湖のウイード(=藻)エリアで大活躍のワームをご存知ですか?

6インチサイズで琵琶湖といえば、ひと昔前はボディにスリットチューンを施したジャンボグラブが圧倒的に強かったですよね。

南湖・下物沖の浚渫で、ハンプに引っ掛けて使えば、面白いようにビッグバスが釣れました。

最近ではウイードの伸び方・広がり方が変わって、その生え際や隙間を狙うのに、ストレートタイプの6インチヤマセンコーが人気です。

その特徴や使い方、カラーラインナップをご紹介しましょう。

6インチヤマセンコーとは?塩入り軟質素材が特徴的!

6インチヤマセンコーとは、ゲーリーヤマモトインターナショナルが発売しているストレートワーム・ヤマセンコーの6インチサイズのことです。

独特の軟質素材に塩が含まれていて、比重が高いのが特徴ですよ。

適合フックサイズは、オフセットタイプの3/0~5/0ですが、ワームの柔軟性を活かすなら3/0サイズがおすすめとなります。

こちらとスリップシンカーを合わせたテキサスリグでアプローチしてみましょう。

琵琶湖のウイードエリアにおけるワームの使い方が分かる実釣動画はこちら

6インチヤマセンコーの特徴

このワームには、細かいリブがタテに何本も刻まれています。

リブひとつひとつが水をつかんで、まるで小動物のような生命感を表現してくれますよ。

全体的にボリュームはあるものの、細長いフォルムに仕上げられているので、バスのバイトトリガーを刺激すること間違いありません。

バスは自分のノドを通るか否かで、食い付く最終判断をしていると言われています。

まさにそれを実践するためのワームデザインですね。

使い方はリフト&フォールが基本!ただし必ずステイさせること

6インチヤマセンコーの使い方は至ってシンプルです。

まずはウイードエリアに投入、タテに伸びているウイードをなぞるようにして根元まで落とし込みます。

そこでしばらくステイ(=動かさずじっと置いておく)させてから、リフトしてまたフォールしましょう。

この繰り返しでOKです。

バイトはステイしているときに集中しますので、緊張感をキープしながらラインの動きに注目するようにしましょう。

製品のカラーラインナップはこちら

6インチヤマセンコーには14種類のカラーがラインナップされています。

左上から右へ順にカラーネームをご紹介しましょう。

●ブラック(ソリッド)

●ブラック/ブルーフレーク

●パールホワイト/シルバーフレーク

●ホワイト(ソリッド)

●スモーク/ブラックフレーク

●スモーク/シルバー&ブラックフレーク

●クリアー/ブラックフレーク

●ウォーターメロンペッパー

●スモーク/レインボーフレーク&ペッパー

●パールホワイト/レインボーフレーク&ペッパー

●グリーンパンプキン/ブラックフレーク

●ダークブラウンブルーギル

●ウォーターメロンブルーギル

●グリーンパンプキン/ブラック&スモールブルーフレーク

釣り場に生えているウイードのカラーや水質に合わせて選ぶようにしてくださいね。

製品のご購入はこちら

ワームの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング