タチウオ 写真

タチウオテンヤでドラゴン級タチウオをゲットしよう!その釣り方や実釣動画を大特集!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、タチウオテンヤを使って釣りをしたことはありますか?

大阪湾で大人気の釣り方で、連日釣り人満載の釣り船が沖合いに出ていますよ。

イワシをエサにテンヤ仕掛けに取り付けてタチウオを狙います。

その方法やリール・ライン・リーダーなどのタックル紹介、実釣動画をお届けしましょう。

タチウオテンヤとは?

タチウオテンヤとは、テンヤと呼ばれているジグヘッドに似た仕掛けに、エサであるイワシを取り付けて誘う釣り方のことです。

今非常に流行っていて、特に大阪湾ではタチウオシーズンの秋になると、連日沖合いに釣り船が出ています。

最新タチウオテンヤの特徴

この仕掛けには、イワシを取り付けやすいような工夫が施されています。

ヘッド部分から伸びているフックのシャンクからは、3本の針が突き出ていますよ。

そこにイワシを突き刺して、付属の極細ワイヤーで縛り付けるようになっているのです。

最新型テンヤでは、そのワイヤーがズレずにしっかり固定できるよう、溝がシャンク側に設置されています。

釣りに使用するロッド・リール・ライン・リーダー

タチウオテンヤで使用するタックルは、ロッドが2メートル前後の7対3程度の先調子のものがおすすめです。

リールは電動リールと小型軽量ベイトリールが人気を二分していますね。

疲れずに釣りを続けたい人は、小型軽量ベイトリールを選ぶようです。

最新の電動リールは軽くなっており、やはり自動で巻き取れることが疲れを軽減してくれるので、水深のあるところでは電動リール派の人が多いですよ。

参考になる実釣動画を用意しましたのでご覧ください。

イワシの取り付け方やアワセのタイミングなどが参考になる実釣動画はこちら

タチウオテンヤに使用するラインは、当たり感度の良いPEラインがおすすめです。

3~5号前後を使って、その先にフロロカーボンライン6~8号のショックリーダーやワイヤーリーダーを結ぶようになっています。

とにかく早アワセは禁物です!

アタリが出てから十分に泳がせてフッキングしてください。

釣り船独自のルールが設定されているケースがありますので、船長のレクチャーにしっかり耳を傾けるようにしましょう。

おすすめアイテムのご購入はこちら

タチウオの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング