ヒラメ 写真

ヒラメとカレイの見分け方って?似ているけど大違い!?あなたは2種類の魚の違いを説明できますか?

FISHING JAPAN 編集部

ヒラメとカレイは、よく似た魚なので、総称してフラットフィッシュと呼ばれています。

フラットとは平らなとか平べったいと言う意味ですので、この呼び方はカレイやヒラメの体の特長をストレートに表わしていますよね。

ところが、ヒラメとカレイは、ともに体の片側を海底につけて生活するようになった底生魚ですが、習性や行動はまったく違います。

この2匹の違いって、聞かれても意外と答えられませんよね。

その違いをチェックしていきましょう!

ヒラメもカレイも目が移動する!?

ヒラメは大口で歯が鋭く、小魚をエサにしているフィッシュイーターです。

その一方で、カレイは海底に生息する環形動物(ゴカイなどの虫エサ)を主食にしているおとなしい魚です。

性格はまるで違いますよね。

似ているところといえば、目が片方に寄って体の片方を海底につけて生活している点だけです。

生まれたときのカレイとヒラメは、普通の魚と同じように体の両側に目があり、腹を下に、背を上に向けて泳ぎ回っています。

しかし、生後2~3週間もすると、次第に片方の目が移動をはじめ、いつの間にか頭を越えてもう片方の目の近くに移動してしまうのです。

まさか目が移動するなんて・・・

驚くべき進化ですね!

ヒラメもカレイも目の位置は同じ?

さて、ここで問題です。

ヒラメもカレイも同じ方に目があるのか、それともまったく違う方向に移動してしまうのか、どちらが正解でしょうか?

答えはまったく違う方向なんです。

昔から「左ヒラメに右カレイ」といわれるように、ヒラメは左側、カレイは右側に目が寄ってしまうのです。

ヒラメとカレイの見分け方は?

それでは、どのようにして右左を見分けるのでしょうか?

方法はいくつかあるのですが、最も簡単なのは背を手前にして尻尾を持って魚をぶら下げたとき、両目が左側に寄っているのがヒラメ、右側ならカレイです。

ただ、魚の中にも、あまのじゃくなやつがいるもんです。

ヌマガレイのようにカレイの仲間なのに目が左側についている種類もいます。

あなたも釣り上げた魚が、カレイかヒラメか、目の位置で見分けてみてくださいね!

関連記事

ヒラメの謎に迫る!ヒラメってカレイとどう違う?その見分け方から驚くべき生態の変化、釣法まで、奥深いヒラメの全容をじっくりと解き明かします!

皆さん、カレイ、ヒラメと聞いてどんな魚を思い浮かべますか? 体は偏平、目は体の片方にそれぞれ、背は茶色で腹は白くて海底にいる…という感じでしょうか? ヒラメとカレイはよく似た…

FISHING JAPAN 編集部
ヒラメの謎に迫る!ヒラメってカレイとどう違う?その見分け方から驚くべき生態の変化、釣法まで、奥深いヒラメの全容をじっくりと解き明かします!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング