ケンサキイカ スッテ 写真 

人気爆発のメタルスッテ!ケンサキイカを狙うその釣り方とは?釣ったイカの保管方法まで大公開!

FISHING JAPAN 編集部

赤があったり白があったり、剣(けん)があると思えば槍(やり)もある。

さて、何のことかといえばイカの呼び名の話です。

イカの中でも特に地方名が多いのはケンサキイカ。

関東ではマルイカやメトイカ、信越から北陸、若狭にかけてはマイカ、東海から近畿ではアカイカ、但馬海岸から山陰ではシロイカ、九州ではゴトウイカやヤリイカと呼ばれています。

1つの魚にこれだけ呼び名があるのはすごいですね!

このケンサキイカ釣りで最近かなり人気がある、メタルスッテの釣りをご存じでしょうか?

どんな釣り方なのか見ていきましょう!

人気がすごいメタルスッテって?

ケンサキイカは、初夏からスタートし、海が荒れ始める初冬まで楽しめるロングランの釣り物です。

浮きスッテを使った釣りが主流となります。

しかし、ここ数年、その浮きスッテの釣りを席巻してしまいそうな勢いで広がっているのが、メタルスッテの釣りです。

若狭から発信されたこの釣り方は、メタルスッテと、浮きスッテや2号程度の小さなエギを組み合わせた仕掛け(小浜リグ)で、主に浅場に浮いてきたイカを狙います。

仕掛けがシンプルで、細かなアタリがよく取れて、誘って乗せるおもしろさがあります。

また、スッテの釣りに比べるとよりゲーム性が高いことから、人気が出ました。

やわらかい竿とシンプルな仕掛けで、アタリが出たタナに集中的に落とし込んだり、誘い上げたりしながらメタルスッテを泳がせていると、待望のイカパンチ。

このときうまくイカが乗ったら、その手応えたるや・・・

釣った人にしか分からない気持ちいい感触なんです!

釣ったイカのオススメ保管方法とは?

さて、こうして釣り上げたイカは、色落ちさせずに綺麗に持ち帰ってあげてください。

色素が死んで胴が乳白色に変わったイカは見た目が悪いですし、味も落ちます。

そこで、オススメなのが簡単に作れるクーラーボックスです。

船上に1Lか2Lの凍らせたペットボトルを2~3本持ち込みます。

そして、小型のクーラーかバケツに海水を汲んで、その中にペットボトルを入れて海水を冷やします。

釣り上げたイカはとりあえずザルなどに入れ、スミを吐かせてから、この冷やした海水に入れてください。

冷やし過ぎても色落ちするので、30分ほど海水に浸けたらすぐに引き上げましょう。

氷を敷いて、その上にすのこを乗せて冷やすと完璧ですよ。

イカを釣り上げたら、おいしく食べるために、ぜひやってみてくださいね!

イカの関連記事はこちらから

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング