ルアー 写真

コルトスナイパーでフォールの釣り方を極める!インプレやカラーラインナップをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、メタルジグにはたくさんの種類があることをご存知ですか?

コルトスナイパーフォールは、今流行りのジョアジギングで用いられており、サーフにおけるヒラメ釣りなどに極めて効果的です。

釣り人ブログで高評価なこのジグの特徴や実釣インプレ動画・カラーラインナップをご紹介しましょう。

コルトスナイパーフォールとは?

コルトスナイパーフォールとは、ショアジギングで使用するメタルジグです。

近距離+フォール(=落とし込み)の釣りで扱いやすいと各ブログで好評となっています。

6種類のボディサイズが用意されていますよ。

・5.8センチ21グラム

・6.4センチ28グラム

・6.8センチ35グラム

・7.3センチ42グラム

・7.9センチ55グラム

・9.0センチ75グラム

他タイプのジグと比較しながらの実釣インプレ動画はこちら

サーフのヒラメ釣りに効くコルトスナイパーフォール

インプレ動画でも解説していた通り、キャストしてフォールさせながら魚を誘うのに向いているジグです。

特にサーフ(=砂浜)におけるヒラメやマゴチ釣りには、格好のアイテムといえるでしょう。

しっかりリフトアップしてフォールを繰り返すようにしてください。

フォールだけではない!多彩なアクションがブログでも話題に

コルトスナイパーフォールは、キャスト後にそのままリトリーブしても、規則正しくボディロールします。

ロッドをあおってジャークすれば、素早い横スライドアクションを出すことも可能ですよ。

ただし実釣で効果的なのは、遠投タイプの別のジグとローテーションしながら使い分けることです。

フォールと飛距離の両方でしっかり探れば、反応してくる魚を確実に見つけられるでしょう。

製品のカラーラインナップはこちら

コルトスナイパーフォールには、5種類のカラーラインナップが設定されています。

●コンビブルピン

●コンビイワシ

●コンビ湾岸ゼブラピンク

●コンビシルバー

●コンビ赤金ゼブラグロー

ジグの表裏で配色を変えて、魚にアピールする工夫が施されているのが嬉しいですね。

釣り人の皆さん、ぜひチェックしてみてくださいね!

製品のご購入はこちら

メタルジグの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング