魚 ジグ 写真

岸壁ジギングでダイエット!?延々歩き続けるシーバステクニックならではのジグ・リール・ラインを特集!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、沖の一文字や防波堤で釣りをしたことはありますか?

岸壁ジギングなら夏も冬もオールシーズン、効率よく攻めることができますよ。

その釣り方や特徴、使用するロッド・リール・ライン・ジグなどのタックルをご紹介します。

岸壁ジギングってどんな釣り方?オススメのメタルジグはこれだ!

岸壁ジギングとは、船釣り同様に、メタルジグをバーチカル(=足元に垂直に落とし込む)に操作して、水深5~10メートルの防波堤に付くシーバスを誘う釣り方です。

実際にやってみると、水深1メートルでも釣れないことはないです。

しかし、メタルジグを極端に軽いものにしなければならなかったり、突起物や貝などに引っ掛かりやすくなったりして、あまり釣りにはなりませんでした。

やはりオススメは、ある程度水深があって、30グラム前後の重いメタルジグが使える岸壁です。

岸壁ジギングで使用するロッド・リール・ラインについて

岸壁の際に立ち、ロッドを突き出し、前方1メートルくらいの水面目がけて、ぶら下げたメタルジグを落とします。

すぐに着底するので、ロッドティップを上げてシャクリ、そのリズムに合わせてリールを巻き上げましょう。

使用タックルとして適しているのは、ロッドなら6~7フィートのベイトロッドで、調子はミディアムからミディアムヘビーアクションです。

リールなら自重軽めのベイトリールで、ラインは水に沈みやすく擦れに強いフロロカーボンの10~16ポンドがオススメです。

夏でも冬でもよく釣れる!

岸壁ジギングに適した時合いは、日中の太陽が出ている時間帯です。

そのほうがシーバスが岸壁にピッタリと寄り添い、日照を避けているところに直撃できるからです。

日照といえば夏のほうが強いですが、冬でも深い層を攻めると大型が釣れます。

太陽に当たりながら岸壁を延々歩き続けるので、体力勝負の釣りになります。

水分補給は必ず行うようにしましょう。

タックル万全状態で挑む実釣解説動画はこちら

岸壁ジギングのシチュエーションは、足場の高い場所ばかりです。

そのため、ランディングネットは必需品になります。

歩くのに邪魔にならないよう、背中に背負えるタイプを用意してください。

シューズや偏光グラス、防風・防寒用の装備など、タックルの選定にはじゅうぶん時間をかけるようにしましょう。

おすすめアイテムのご購入はこちら

シマノ NEW コルトスナイパー 28g JM-003M

シマノ NEW コルトスナイパー 28g JM-003M

Amazonへ ¥-2

楽天市場へ 取扱なし

シーバスの関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング