魚 釣り人 写真

ショアジギングを始めてみよう!5分でわかるオススメの釣り方やタックルを大特集!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、砂浜や防波堤・護岸から青物や根魚を狙える、ショアジギングを知っていますか?

専用のロッド・リール・ラインでメタルジグを遠投し、誘って食わせる釣り方です。

今回は、その特徴やショックリーダーの結び方などをご紹介します。

ちなみにショックリーダーとは、衝撃を吸収すために、メタルジグとリールからのラインの間に結ぶラインのことです。

これがないと、簡単に仕掛けが切れてしまうことがあります。

ぜひ結べるようになりたいですね。

ショアジギングとは?

ショアジギングとは、船上からではなく陸からメタルジグをキャストして、青物や根魚を誘う釣り方です。

船上でおこなわれるオフショアジギングと同じくらい、人気が高まっています。

基本的には、外洋に接している潮通りの良い砂浜や護岸から、メタルジグをキャストしてください。

遠浅よりも、一気に水深が深くなっているポイントのほうがオススメです。

ショアジギング時の服装と用意するメタルジグ

主に砂浜に立つことになりますので、防水仕様のブーツやウェーダー・ライフジャケットを着るようにしてください。

それから、60グラム前後のカラーの異なるメタルジグを複数用意しましょう。

あまりに重いメタルジグだとキャストが難しくなりますから気をつけてください。

使用するロッド・リール・ライン・リーダーを選ぼう!

ショアジギングで使用するロッドはスピニングロッドです。

9~10フィートのミディアムヘビーアクション以上の硬さと張りを持ったものを選びましょう。

適合ジグウェイトは、65グラム前後のものが扱いやすいです。

リールはそれに合わせた3000番から5000番くらいの中型・大型スピニングリールがオススメとなります。

そこにPEラインの2号前後のものを200メートル以上巻くようにしましょう。

PEラインは擦れに弱いので、メタルジグのとの間には、ショックリーダーを結んで補強してください。

種類はフロロカーボンラインの20ポンド以上のものを選び、長さは1メートルを超えるものが最適です。

リーダーをFGノットで結ぶ方法や釣り方の解説動画はこちら

ショアジギングは大流行の兆しを見せていますから、有名な釣り場は人でごった返しています。

60グラム以上の金属の塊を投げる釣りですから、周囲の安全の確保が最優先です。

もし人が多くてロッドを自由に振り回せないと感じたら、すぐに場所を移動するようにしましょう。

オススメアイテムの購入はこちら

シギングの関連記事

メタボスイマーがクレイジーオーシャンから2017年9月に発売!新感覚ジグで爆釣報告が続々と!!その特徴や使い方をご紹介!

メタルジグはジギングやバスフィッシング、シーバスなど、あらゆる場面で使うことが出来るルアーです! そのため、釣り人ならいくつかは持っておきたいアイテムの一つですよね! 今回、…

FISHING JAPAN 編集部
メタボスイマーがクレイジーオーシャンから2017年9月に発売!新感覚ジグで爆釣報告が続々と!!その特徴や使い方をご紹介!

マダイジギングに大活躍の予感!タックルハウスから新登場のマダイジギング専用開発のジグ「タイジグ」の魅力に迫る!!

タックルハウスよりキョロキョロと動きそうなかわいい目を持つ見た目もかわいいマダイジギング専用のジグが新登場です! マダイジギングにおいて、積極的な誘いにも対応することで「自らの…

FISHING JAPAN 編集部
マダイジギングに大活躍の予感!タックルハウスから新登場のマダイジギング専用開発のジグ「タイジグ」の魅力に迫る!!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング