カマス 写真

カマスの釣り方や仕掛けを大公開!秋の最盛期をルアーで攻略!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、カマス釣りをしたことはありますか?

常に沖合いにいるので、船から狙う釣り方は有名ですよね。

夏になったら接岸してきて産卵を行うので、港や護岸エリアでよく見かけるようになります。

また、産卵後の秋の時期に、体力回復のために捕食を繰り返します。

今回はそんなカマスの釣り方やルアーの選び方・仕掛けについてご紹介しましょう。

カマス釣りの時期や釣り方

カマス釣りで狙うサイズは、15センチから30センチほどになります。

その体格に合わせたルアーや仕掛けを用意するようにしましょう。

潮通しの良い港や防波堤・河口付近の護岸エリアが、ホットスポットになる時期は、ズバリ秋です。

昼間でも釣れますが、朝夕のマズメ時の方が数釣りできるでしょう。

カマス釣りに適したロッドとは?

使用するロッドは、ルアーに合ったものを選びます。

長さは6~7フィートのスピニングロッドで、バス用やトラウト用のロッドでも転用できますよ。

軟らかい調子のものなら、カマスを弾く確率が下がってたくさんゲットできます。

船釣りとは異なるリールを用意しよう!

カマス釣りに使うリールは、スピニングリールが扱いやすくてオススメです。

船釣りと違って、キャストを繰り返す釣り方になるからです。

2000番前後の小型のものに、PEラインの0.3号前後を100メートルほど巻いてください。

PEラインとルアーの間には、ショックリーダーを結ぶのを忘れないようにしましょう。

2号前後のフロロカーボンラインを1メートルほど結べばOKです。

カマスの実釣インプレ動画をチェック!

カマス釣りに使うルアーは、ジグヘッド+ワームや小型メタルジグ・シンキングミノーなどに実績があります。

群れで回遊してくるので、近づいてきたタイミングで手返しよくルアーをキャストして釣り上げてください。

ルアーサイズは、5センチ前後がオススメです。

あまり大きいものを選ぶとバイトミスされますし、小さ過ぎると飲み込まれて鋭い歯でラインを切られてしまうので要注意ですよ!

オススメアイテムのご購入はこちら

オンスタックルデザイン マナティー 38 K18 ケイムラ・マルチフラッシュ

オンスタックルデザイン マナティー 38 K18 ケイムラ・マルチフラッシュ

最安値価格
¥654(楽天市場)

Amazonへ ¥670

楽天市場へ ¥654

Yahoo!へ ¥654

ライトゲームの関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング