バス 写真

ギルルアーでバスはイチコロ!おすすめのブルーギル型ルアーとワームをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

ギルルアーって使ったことありますか?

その名の通り、ブルーギルの形をしたルアーやワームのことです。

フナやブルーギルなど、平べったい形をした魚をじっくり観察してみると、ウグイやオイカワなどの細長い魚と比べて動きがゆったりしています。

このゆったりスローなイメージを元に、バス釣りと関連付けて生まれたのが、ギルパターンと呼ばれる釣り方です。

今回は、その特徴やルアーの使い方をご紹介しましょう。

ギルパターンとは?まずは対象の特徴的な生態を紐解いてみよう!

まずは、フナやブルーギルの生態に関心を持ってください。

池や湖を観察してみると、障害物の近くに寄り添って漂っているケースがよくあります。

細長い魚と比べて俊敏に動けない代わりに、物陰に潜むことでバスからの攻撃をかわすことを覚えたのかもしれません。

しかも平べったくて薄いですから、下方からバスに見上げられても見つかりにくいと考えられます。

水面 写真

木々が生い茂る岸際は格好の隠れ家に

バランスが崩れる瞬間に注目!これをワームで表現できたら・・

しかし、もし何らかの影響で、魚の姿勢が崩れたらどのようなことが起きるのでしょうか?

平べったい体型は、正常な姿勢を保っていれば目立ちませんが、ひとたびバランスを崩し、体を傾けて横たわったら、真下からは大きな面積がアダとなって丸見えになってしまいます。

しかもその姿勢は、どこか負傷をして変調をきたしていることをバスに知られてしまうことになるのです。

ギルルアーの使い方の秘訣に迫る!

バスは、その習性として、狩りをするときに、確実に対象を捉えることのできるケースを選びます。

ムダな動きはしたくないのです。

バスは、魚が横たわっていることが明確な情報として伝わってきた瞬間、迷わず対象を襲います。

これがギルパターンと呼ばれる、ビックバスを釣る仕組みなのです。

なぜビッグサイズが食ってくるのか?

諸説ありますが、バスは自分のノドを通るものに食い付きます。

小さなバスは、平べったいものがノドに通りませんから、ビッグバスに絞られるわけです。

障害物からふらふらと離れるだけでも、ギルパターンは発動するでしょう。

でもやはり横たわる姿勢を見せて、その体側面を弱々しくバスに晒すほうが、食い付きがよくなる傾向がありますよ。

ぜひ次回の釣行で試してみてくださいね!

ワームを横たえて泳がせる使い方をしている実釣動画はこちら

オススメギルワームのご購入はこちら

ギルの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング