コウイカ 写真

コウイカを釣りに行こう!エギを使った高級なコウイカの釣り方を徹底解説!

FISHING JAPAN 編集部

コウイカという種類のイカがあるのを皆さんはご存じでしょうか?

コウイカは東京湾や大阪湾、瀬戸内海に多く生息しています。

漁師は小型の底引き網などで獲っていますが、年々その漁獲量は減っているようです。

高級魚として扱われているので、釣れたらとてもうれしい釣り物となっています。

10~11月にかけての冬の時期にも狙えます。

今回はそんなコウイカの釣り方を見ていきましょう!

コウイカはアオリイカ用のタックルでOK

コウイカは、産卵が近づくと浅い海へ集まり、海藻などに卵を産みつけるため、この時期が釣れるチャンスです。

竿やリールをわざわざ用意しなくても、アオリイカ用のエギングタックルがあれば十分釣れます。

ポイントは、浅場といっても10m近く水深があるところがいいので、渡船を使って沖堤へと渡った方が釣れる確率が高くなります。

ほとんど根掛かりしない泥底や砂泥底がすみかなので、底に根が点在するような場所は避けましょう。

コウイカのエギは明るいイエローやグリーンで

遠投して広く探れる方が有利なので、エギは重くてよく飛ぶティプラン用の20~30gのものがオススメです。

カラーは、定番のピンクやオレンジもいいのですが、イエローや明るいグリーンによく反応するようですよ。

コウイカは、アオリイカのように底から何メートルも浮くことはありません。

ほとんど底近くにいるので、エギをキャスティングしたらカウントダウンしてしっかり底まで沈めましょう。

そこからズル引きを始めますが、時々シャクリを入れても大丈夫です。

コウイカは合わせてしっかりフッキング!

イカが乗ったらズンと重くなります。

このとき大きく合わせるのがポイントです!

コウイカの表皮や脚は意外と硬いので、しっかりフッキングさせておかないとバレることがあります。

ゆっくりリーリングして取り込まないと、巻いてくる途中でぐるぐると体を回転させながらスミを吐きまくりますよ。

そのため、なるべくイカを怒らせないようにして取り込んでみてくださいね。

釣り人のみなさん、ぜひチャレンジしてみてください!

コウイカは超高級品、その味は!?

江戸前寿司ではなくてはならないコウイカ、、

このコウイカの子は旬の時期のものだと1杯で1貫ほどにしかならない超高級品です。

そんなコウイカの厳選レシピをご紹介!

ですが、やはり食中毒には気をつけなくてはならないので、鮮度のいいものを選び、内臓は生で食べないようにするなど調理にはくれぐれも気をつけてくださいね!

イカの関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング