リボンドパイプフィッシュ 写真

日本初!超珍しいタツノオトシゴの仲間「リボンドパイプフィッシュ」をサンシャイン水族館が展示開始!

FISHING JAPAN 編集部

サンシャイン水族館では、水族館での展示が日本初となる「リボンドパイプフィッシュ」の展示を10月13日(金)より館内1階「生き物たちの不思議」水槽で開始します。

リボンドパイプフィッシュはタツノオトシゴの仲間で大変珍しい生き物です。

リボンドパイプフィッシュとは

リボンドパイプフィッシュは、細長い体と眼の上や体にある枝状で海藻のような突起が特徴で、オーストラリアではリボンドシードラゴンとも呼ばれています。

サンシャイン水族館で展示しているウィーディーシードラゴンや、その仲間のリーフィーシードラゴンとは異なるグループにはなりますが、広義では全てタツノオトシゴの仲間に属しています。

インド洋から太平洋、ニューギニアのイリアン・ジャヤからオーストラリア北西部に分布し、熱帯海域沿岸の水深16mまでのサンゴ礁や藻場に生息しています。

小型プランクトンや甲殻類などを食べ、成長すると30cmほどになります。

生息域により体色が異なり、その色は緑色から黄色、茶色がかった赤色など様々です。

HALLOWEEN PARTY 2017~海ハロも開催中

注目すべきは、リボンドパイプフィッシュだけではありません!

サンシャイン水族館では10月31日(火)までハロウィン・パーティーを開催しています!

魚たちが水中でジャック・オー・ランタンに変身する「水中パフォーマンスタイム~ハロウィンver.~」をはじめ、アシカやコツメカワウソのパフォーマンスもこの時期限定のハロウィンver.で公開しているんです!

さらに、ハロウィンカラーのオレンジ・紫色に魚を展示する「ハロウィン特設水槽」や、ハロウィンらしい照明演出が可愛いクラゲトンネルも見どころですよ。

海ハロの様子はこちら

ハロウィン一色といった感じですね!

いつもよりもさらに楽しめること間違いなしです。

さらに、13日から展示が開始されるリボンドパイプフィッシュは、サンシャイン水族館の飼育スタッフはおろか、飼育経験が一番長いサンシャイン水族館館長も実物を見たことがなかったくらい、とても珍しい生き物です。

ぜひ休日はハロウィン仕様のサンシャイン水族館で、リボンドパイプフィッシュをご覧になってみてはいかがでしょうか。

サンシャイン水族館

所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上

営業時間:10:00~21:00(4月~9月)、10:00~18:00(10月~3月)
※最終入場は終了1時間前 
※変更になる場合あり 
※夜間特別営業実施に伴い、10月31日(火)までの通常営業は18:00まで

入場料金:大人(高校生以上)2,200円、こども(小・中学生)1,200円、幼児(4才以上)700円

関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング