月下美人 ビビビーム ダイワ ルアー 写真

2017年秋に発売の月下美人 ビビビームの使い方と特徴を理解してアジ攻略に活用しよう!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、ライトタックルでアジ釣りを楽しんだことはありますか?

手軽に始められるアジングは、一大ブームとなって大きな広がりを見せています。

いかにしてアジを釣るのか?

例えば、ふわふわとアミエビが漂うように見せるアミパターンという釣り方。

これを実践するためには、専用の機能を持ったワームの登場が望まれていました。

ダイワ 月下美人 ビビビームは、あなたのアジングを次のステージへ導いてくれるかもしれませんよ。

その使い方や特徴を詳しくご紹介しましょう。

2017年発売の月下美人 ビビビーム、そのボディの特徴は?

月下美人 ビビビームは、全長1.5インチのひと口サイズ。

これならアジも迷わず飲み込めそうです。

ボディ本体部分は、特徴のある太めで深いリブが刻まれています。

これなら水をしっかりつかんでくれるでしょう。

メーカースタッフによる製品の使い方解説動画はこちら

月下美人 ビビビームの特徴・柔らかな波動を発生させるために

月下美人 ビビビームの最後尾に注目してください。

0.6ミリという薄さのフラットテールが、特徴ある柔らかな波動を生み出します。

これがアジを呼び寄せ、食い付かせる原動力となってくれるのです。

水流のある場所なら、それにのせて漂わせることを意識してください。

波動を発生させながら泳ぐ様子は、まさにイカ・エビそのものです。

特濃集魚コアを内臓!味とニオイでアジを呼び寄せる使い方

ボディ内部には、集魚効果を高めるためのイカゴロコアとエビ粉コアを、それぞれのカラーに合わせて内臓してあります。

味とニオイを強烈に発生させるので、アジを引き付ける効果が得られますよ。

使い方は、ジグヘッドなどに通し刺しにして、表層から底までを丁寧にロッドシェイクしながら誘います。

ゆらゆらとゆっくり落ちていく様子をアジに見せることで、追い食いをしてくれるでしょう。

新発売のカラーラインナップはこちら

月下美人 ビビビームのカラーラインナップは、発売時点で10種類用意されています。

●玉露クリア(エビ粉コア)

●クリアグリッター(エビ粉コア)

●グローホワイト(イカゴロコア)

●グローピンク(エビ粉コア)

●蛍光レモン(エビ粉コア)

●子イカ(イカゴロコア)

●粒アミ(エビ粉コア)

●ちりめんじゃこ(エビ粉コア)

●ちらしずし(エビ粉コア)

●生オキアミ(エビ粉コア)

2つの味とニオイを使い分けながら、アジをたくさん釣り上げてくださいね!

人気の関連商品ご購入はこちら

ダイワ(Daiwa) アジ ワーム 月下美人 アジングビーム 2インチ グローピンク

ダイワ(Daiwa) アジ ワーム 月下美人 アジングビーム 2インチ グローピンク

参考価格:¥385

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

アジングの関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング