ジグパラ ジグ 画像

ジグパラTGはコンパクトな大きさのフルタングステンモデル!アマゾンで人気の24gと32gの釣果・インプレをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

メジャークラフトのジグパラTGは、素材にタングステンを使ったモデルです。

大きさはコンパクトで、かつ重量があるため、非常によく飛び着底がスムーズです。

それでは、気になる使い方・インプレ・釣果をご紹介いたします!

ジグパラTGの特徴と使い方

ジグパラTGの最大の特徴は、タングステン素材ならではの小さなシルエットです。

小さなシルエットはターゲットがスレたときでも1口で食いつきます。

ジグパラショートのキレイなスイム姿勢、飛行姿勢はそのままに、大きさがコンパクトになりました!

使い方は巻いても、シャクってもOKなので、両方試してみてくださいね。

飛ばしてボトムをとったらジャークか緩急をつけたリトリーブでジグを泳がせましょう!

中層あたりで青物はもちろん、マダイ、イサキ、ハタなどが食いつきますよ!

ヒロセマンのインプレッション動画

この動画では、ジグパラTGの32gを使用し、マダイと大きなハタを釣り上げていました。

マダイはゆっくりとリトリーブするものに非常に食いつきが良い魚のため、マダイ狙いの時はただ巻きでトライしてみてください。

青物狙いのときはジャーク、マダイや根魚狙いの時はただ巻きで使い分けるといいですね!

大きさのラインナップ

ラインナップは10g・14g・18g・24g・32gです。

タングステン素材のため鉛より重量があり、よく飛ぶので、35mくらいの水深なら32gの使用がオススメです。

24g・32gが使いやすくてオススメですよ!

24g・32gのアマゾンでのインプレや釣果をご紹介します!

鯖、シーバス等普通に釣れます。ジャークのキレも良いので、夏場の青物最盛期でも活躍してくれてます。

出典:アマゾン

水深が浅く、ベイトサイズが小さい時期やカツオなどのナブラ撃ちに使用しています。

出典:アマゾン

32g、24gを使って、青物やシーバス等、いろいろな魚が釣れていますね!

おすすめのカラー

カラーバリエーションは全5種類です。

ジグパラシリーズの中では少なめなカラー展開なので、これから他のカラーが増えることに期待です。

おすすめカラーは、動画でヒロセマンが使用していた#02ピンクです!

カラーで悩んだ時はこちらで決まりですね!

商品詳細とインプレはこちら!

ジグパラシリーズのラインナップ

メジャークラフトのジグパラシリーズは、とにかく種類が豊富です。

・ショート

・セミロング

・マイクロ

・マイクロスリム

・スロー

・ブレード

・スピン

・サーフ

・TG(タングステン) 

各々に豊富なサイズやカラーがラインナップされています。

今回はジグパラTGについて紹介いたしました!

今後は他の商品についても紹介しますので期待していてくださいね。

「ジグパラ ショート」の紹介記事

「ジグパラ セミロング」の紹介記事

「ジグパラ マイクロ・マイクロスリム」の紹介記事

「ジグパラ スロー」の紹介記事

「ジグパラ ブレード」の紹介記事

ジグパラ ブレードはシーバスから青物まで幅広く対応したメタルバイブ!ジグパラシリーズ初の鉄板系ルアーの使い方・評価・釣果をご紹介します!

メジャークラフト ジグパラ ブレードは、ジグパラシリーズ初の鉄板系ルアーです。 思い切り投げて、ただ巻くだけで魚の捕食スイッチにハイ・アピールできます。 では早速、使い方・釣果…

FISHING JAPAN 編集部
ジグパラ ブレードはシーバスから青物まで幅広く対応したメタルバイブ!ジグパラシリーズ初の鉄板系ルアーの使い方・評価・釣果をご紹介します!

「ジグパラ スピン」の紹介記事

ジグパラ スピンはシーバスや青物に効果的!メジャークラフトから発売のスピンテールジグの使い方やインプレを徹底紹介!

メジャークラフト ジグパラ スピンは、ジグパラシリーズのスピンテールジグです。 水深のある場所やデイゲームでスピーディーに探りを入れるサーチベイトとして大活躍すること間違いありま…

FISHING JAPAN 編集部
ジグパラ スピンはシーバスや青物に効果的!メジャークラフトから発売のスピンテールジグの使い方やインプレを徹底紹介!

「ジグパラ サーフ」の紹介記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング