ルアー 写真

ブレニアス ネガカリノタテで根掛かり解消!底に集まる大型チヌやマゴチを狙おう!気になる重さ・カラー・インプレを徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

皆さん、チヌをルアーで釣ったことはありますか?

最近の流行は、トップウォータールアーのポッパーを活用するスタイルです。

しかし、チヌの生態をよく調べてみると、底付近に棲息する甲殻類や貝類を食べていることが多いのです。

となれば、やはり底付近できっちりアクションできるルアーを使ってみたいですよね。

そこでオススメなのが、シマノからリリースされている、ブレニアス ネガカリノタテです!

これを使えばチヌはもちろん、高級魚のマゴチやヒラメもゲットすることができますよ。

それでは早速、その特徴や実釣インプレをお届けします!

5つの重さ

ブレニアス ネガカリノタテは、チヌ釣りのためのジグ系ルアーであり、5つの重さが設定されています。

5グラム・7グラム・10グラム・13グラム・16グラムです。

特に重さのメリットを感じる13グラム・16グラムは、水の流れの強いところで使いたいですね。

こちらはタテヨコのサイズは5グラムモデルと変わらないのに、厚みだけ重さアップさせているので、根掛かりが少ないですよ。

水中アクション動画はこちら

特徴的な形状

ブレニアス ネガカリノタテの特徴は、フックをヘッドの上に乗せるという独特の形状にあります。

これによって、複雑な底の変化にフックが引っ掛かってしまうことを避けられます。

実際の釣りでは、フック部分にワームを突き通して使うので、より一層根掛かりをかわしながらチヌを狙えますよ!

ブレニアス ネガカリノタテの使い方

ブレニアス ネガカリノタテの使い方は、底まで落とし切って、スルスルと舐めるように底を引っ張ります。

その動きがエビ・カニに似ているので、チヌは思わず食い付いてしまうのです。

着底するまでの間も、ヘッド部分に面積があることから水圧がかかり、ゆらゆらとゆっくり落ちていきます。

そのアクションも、チヌを誘うのにとても有効なんです!

ルアー イラスト

根掛かりしないようにスルスル動かす

出典:シマノ

カラーバリエーション

カラーバリエーションは全8色です。

・ラメグリーン

・ラメブラック

・ラメパープル

・グリーンパール

・ラメレッド

・ラメピンク

・レッドパール

・ブルーパール

釣り人の皆さん、特にチヌをエサ釣りオンリーで楽しまれてきた方は、ぜひシマノ ブレニアス ネガカリノタテを使ったルアー釣りにチャレンジしてみてください。

極めて効率よく、チヌを誘って食わせることができるので、秋から冬にかけて活性の落ちたチヌを釣るのに適していますよ!

ご購入はこちら

公式HPはこちら

Brenious ネガカリノタテ|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノロジーと感性を融合させた、こころ躍る製品をお届けします。

Brenious ネガカリノタテ|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

チヌ(=クロダイ)の関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング