ジグ 画像

ジグパラ マイクロとジグパラ マイクロスリムの差って一体何?気になる使い方やインプレを徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

ジグパラ マイクロは、ジグパラシリーズの中でもスーパーライトゲーム用のジグです。

ノーマルタイプであるマイクロとそれより少しスリムタイプのマイクロスリムがあります。

この2つでは、動きが微妙に違ってきます。

そこで今回は、特徴の違いや狙えるターゲットの違いについてご紹介いたします!

ジグパラ マイクロの特徴

ノーマルタイプとなるジグパラ マイクロは、木の葉のようなフォールの動きが特徴です。

ひらひらした動きはターゲットへの強烈なアピールとなります。

一方、それより少しスリムなジグパラ マイクロスリムは、切り込むようなアクションで、ジグパラ マイクロのひらひらした動きでは食いつかないターゲットにもアピールできます。

ジグパラ マイクロは、3g・5gはリアフックのみ、7g・10g・15gはフロントフックも付いています。

根掛かりが気になるようでしたら、リアフックを外して使うとジグの動きも良くなりますよ!

ジグパラ マイクロの使い方

ジグパラ マイクロのひらひらした動きはアピール力が強いですが、活性の低い時はジグパラ マイクロスリムを選んでうまく使い分けをしましょう。

ジグパラ マイクロの使い方は、アクション&フォールで上層から下層にレンジを下げて、フォールでアタリを取ります。

ジグパラ スリムはジグパラ マイクロよりスピーディに沈下していきます。

そのため、キャストしてボトムを取るならジグパラ スリムの方がおすすめです。

以上の使い方をマスターして、アジやメバルに猛アピールしましょう!

実は、シーバスも釣れるそうですよ。

アクションの動画はこちら!

デイメバルの動画がありました!

メバルを狙う時は、#19 オールグロウがおすすめです。

また、デイゲームの時は、跳ね上げさせてからひらひらとフォールさせるのがポイントですよ。

マイクロジグを使ったジギング時のタックルは、ライトゲーム用のロッドを推奨しています。

3g・5gはリアフックしか付いていませんので、アシストフックをつけてカスタマイズするのもいいですね!

気になるインプレ

ジグパラ マイクロ

ジグパラ マイクロはアマゾンのレビュー数が79件、評価は4.6です。(2017年9月時点)

かなり高評価ですね!

その気になるインプレを一部ご紹介します。

他のメタルジグで釣れない時でもこれなら釣れる。ヒラヒラとしたフォールがすごく集魚力強いです。昨日もこれで20㎝のメバルと25㎝のムラソイを釣りました

出典:アマゾン

北海道の防波堤での夜釣りで大活躍でした。ベイトとなっているチカにシルエットが近いのか、クロソイ、エゾメバルの反応が良かったです。

出典:アマゾン

ジグパラマイクロは日中のメバルやアジにききます。アイスジグとジグパラマイクロがあれば日中の釣りはほぼ問題なくできると思います。

出典:amazon

ただ早巻で30cm弱のシーバスが結構釣れました。アジも活性が低い時、ただ巻より、小刻みでしゃくりながら巻いてると結構釣れてますし、ワームの出番がいらない?位面白いです。

出典:アマゾン

ジグパラ マイクロスリム

ジグパラ マイクロスリムはアマゾンのレビュー数が36件、評価は4.5です。(2017年9月時点)

こちらも気になるインプレを一部ご紹介します。

48cm、ナイスサイズのアイナメGETできました。

出典:アマゾン

細身のボディでかなり飛距離がでますね!ライトタックルで抜群の飛びですよ。

出典:アマゾン

アジからシーバス、あらゆるフィッシュイーターに発揮(^^)

出典:アマゾン

おすすめカラーは、どちらも以下の通りです。

#15 ケイムライワシ 

#07 ゼブラグロー

#19 オールグロー

カラーで悩んだ時は、#15 ケイムライワシで決まりですね!

商品詳細とインプレはこちら!

ジグパラシリーズのラインナップ

ジグパラシリーズは、とにかく種類が豊富です。

・ショート

・セミロング

・マイクロ

・スリム

・スロー

・ブレード

・スピン

・サーフ

・TG(タングステン) 

各々に豊富なサイズやカラーがラインナップされています。

今回はマイクロ、マイクロスリムについてご紹介いたしました!

今後は他のシリーズについてもご紹介していくので期待していてくださいね。

「ジグパラ ショート」の紹介記事

「ジグパラ セミロング」の紹介記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング