殺し屋

必殺仕事人!?カジヤゴロシっていったい何者!?殺し屋の異名を持つ魚の正体は…??

FISHING JAPAN 編集部

日本では同じ日本でも、地方地方で全く話し方が違いますよね。

関東と関西というだけでも話し方は異なりますし、話し方だけでなくその地方以外の方には伝わらない言葉もたくさんあります。

お魚さんの呼び方も地方地方で様々です。

その中でもなかなか怖い魚の名前を発見!

現在の和歌山や三重のあたり、紀州でカジヤゴロシと呼ばれる魚がいます。

カジヤゴロシ?!ってなりますよね。

何か殺す怖い魚なのか…

いったいどういう由来がある魚で、正体は何でしょうか??

カジヤゴロシのカジヤは鍛冶屋のこと?

カジヤとは、今でいう鉄工所、昔の鍛冶屋のことです。

常に金づちなどをふるい金属を加工する力仕事なので、屈強な男たちが多い世界なのですが、その殺そうと思ってもなかなか死なない頑強な男たちを殺してしまうほどの魚なので、その魚はカジヤゴロシと呼ばれるようになったそうです。

さて、どんな魚なのでしょうか?。

これだけでは、分かりませんよね。そこで、ヒントを2つ。

ヒント1

旬は初夏です。

出盛りの旬であり、味もよくなります。

沖の根ではピラミッド型の群れを作るといわれています。

ヒント2

褐色の体をしており、群れに当たると数が釣れるのが魅力です。

もうお分かりでしょうか??

関東ではイサキ、関西ではイサギ、九州ではイッサキと呼ばれる魚です。

このイサキがどうしてカジヤゴロシと呼ばれるのでしょう。

それにはこんな逸話があります。

その昔、屈強な体をした鍛冶屋がイサキを食べたそうです。

そのとき運悪くノドに骨が刺さってしまいました。

その骨がどうしても取れず、物が食べられなくなって鍛冶屋は亡くなってしまったそうです。

以来、イサキをカジヤゴロシと呼ぶようになったそうです。

おいしい魚ですが骨が硬く、ノドにも刺さりやすいのでみなさんも気をつけて食べて下さいね。

イサキを釣ったら、話のネタにもなるかもしれませんね♪

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング