バス ルアー フライ 写真

バスの台風の時期の釣り方とは?バスの動きを読んで満水の濁った池や湖を攻略しよう!

FISHING JAPAN 編集部

夏の暑い季節、台風が日本にも上陸してきます。

台風で増水した川や、濁った水など、台風が去った後の水辺はいつもと風雨形が違っています。

そんな時、バスは一体どこに潜んでいるのでしょうか?

台風が多いこの時期特有の釣り方を検討してみました。

初めてやって来た釣り場のつもりで

台風によってすっかり環境が変わってしまった池や湖。

そこをイチから調べ直してみましょう!

どうやら、以前は陸地だったところも冠水しているようです・・・

陸生植物もいたるところで水に浸かってしまっています・・・

池 湖 増水 満水 濁り 写真

池や湖が満水で濁っています。

バスを小さなルアーで誘ってみよう!

陸地が冠水すると、逃げ遅れた小動物がゆらゆらと水面に浮いていることがあります。

そして、それをエサにするために、小魚や小エビなどが集まってくるんです。

これはチャンス!

小魚や小エビに似たルアーを環境に溶け込ませて、釣りをしてみましょう。

その際は、底に向かって一直線に潜っていくボリュームの小さなルアーを使います。

バスが釣れた!結構デカイ!

いきなり食い付いてきたのは、体高の立派なお腹ぽっこりのバス。

やはり新しい環境に集まっていた小魚や小エビをたくさん捕食していたようです。

バス ルアー 池 写真

お腹ぽっこりのバスが釣れた!

試しに同じエリアで小さなルアーを浮かしてみたところ、すぐに別のバスが食い付きました。

もっと小さいものを試してみましょう。

ルアーではなくフライを投げてみました。

結果、こちらもよく釣れたのですが、残念ながらルアーよりもバスのサイズが小さくなってしまいました。

バス ルアー 池 写真

あらら、小さくなっちゃった・・

もしかすると、このバスは底付近を注視していて、水面はノーマークにしていたのかもしれませんね。

その状況下のバスが、何を気にしてどこに神経を集中させているのか、しっかりと観察しながら突き止めることが大切なようです。

釣り人のみなさん、台風が多いこの時期特有の釣り方を、ぜひ楽しんでみてくださいね!

バス釣りの関連記事はこちら!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング