釣行の写真

【船釣りマガジン】木更津沖の浅場で楽しむ江戸前のハゼ乗合開幕(富士見/東京湾奥深川)

隔週刊つり情報編集部

春に生まれたハゼは夏の間は河口近くで暮らし、成長するにつれて海へと出ていく。

秋の彼岸ごろに10cm以上に育ったハゼが水深2m前後の浅場で釣れ始めると、本格的な船ハゼシーズンに突入する。

水温の低下とともに徐々に深みに落ち、年末には水深8m以上の深場まで攻める。

ハゼ釣りは、アタリの多さ、魚体に似合わずシャープな引き味、軟調竿を小気味よく絞り込む釣趣など小物釣りの魅力がいっぱい。

秋からメインとなる木更津沖は、波静かな防波堤の内側や港内がポイントで、浅場から活発なアタリを送ってくれる。

とくに天が高くなる秋日はこの釣りに最適で、行楽気分でのんびり釣るもよし、創意工夫し数釣りにチャレンジするもよし、百人百様の好きなスタイルを選べるのもハゼ釣りならではの楽しさといえる。

目次

  • 竿は手バネが主流 ベテランは2本の和竿を愛用ビギナーは貸し竿がおすすめ
  • ハゼは海底をはうエサに反応する底を小づいてアタリを待つ
  • モタレアタリを見極めて竿を立てて合わせを入れる
  • 取り込みは 跳ね込みとたぐり竿の長さに応じて使い分ける
  • 船長直伝ステップアップへの道

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

DAILYランキング