バス釣り 見えバス 釣り方 トップウォータープラグ バス

あなたのルアーの使い方正しいですか?サイズを問わずバスをルアーに食い付かせたいと思ったら?その裏技大公開!

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りで使われるルアー。

釣り人はこだわりにこだわったルアーを使いますよね。

ルアーに対する反応の仕方は、バスによってまちまち。

どうすればより確実にルアーに食い付いてくるのかというのは釣り人のみなさんにとって一番気になるところですよね。

その答えとして状況の絞り込みが重要と言えそうなんです。

どういうことなのでしょうか??

ギブアップまでが早過ぎる釣りをしていませんか?

よく聞くのが、「このルアーなら釣れる!」という宣伝文句。

それを信じてルアーを購入する人は多いでしょう。

でも、それを釣り場で投げてみて、釣れなければもうお手上げ。

これでは釣りをしているとはいえませんよね。

しかし、意外と初心者の方にはこういう方が多いと思います。

バスの反応を探してみる

釣りをするのですから、まずはバスを探してみましょう。

実はどのエリアにも魚はいます。

私達釣り人から見えているか、見えにくいかの差があるだけなんです。

そこでオススメなのが、画像のような風に吹き寄せられた葉や濁りが浮いているエリア。

ピクッと動く!

水面が汚れているところは、風下の吹きだまりになっているケースが多いですね。

その浮いている物をひとつひとつ、よく観察してみましょう。

ときおり、ピクッと動きますよ。

何かそばにいるに違いありません。

それがバスであるかどうかは、釣ってみるまで分かりませんが、何も情報がないエリアにやみくもにルアーを投げても、釣れる確率は低いでしょう。

そこでルアーを投げる!

ここで試しに前後にプロップの付いた、ダブルスイッシャーのトップウォータープラグを投げます。

前のプロップを逆向きに付けてあるので、動かそうとしてもすぐに止まってしまいます。

この移動距離の短さを利用して、浮いている葉やごみに当たったら止める!を繰り返してみるのです。

ずっと動かし続けて誘うルアーの使い方は、どこでも紹介されていますが、止めて様子を見るというのは斬新ですよね?

バスが触ってきたら、ルアーそのものがピクッと動きます。

それがフッキングの合図です!

もしあなたが未体験なアプローチなら、ぜひ試してみてください!

関連記事

ジグパラ ブレードはシーバスから青物まで幅広く対応したメタルバイブ!ジグパラシリーズ初の鉄板系ルアーの使い方・評価・釣果をご紹介します!

メジャークラフト ジグパラ ブレードは、ジグパラシリーズ初の鉄板系ルアーです。 思い切り投げて、ただ巻くだけで魚の捕食スイッチにハイ・アピールできます。 では早速、使い方・釣果…

FISHING JAPAN 編集部
ジグパラ ブレードはシーバスから青物まで幅広く対応したメタルバイブ!ジグパラシリーズ初の鉄板系ルアーの使い方・評価・釣果をご紹介します!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング