ノリーズ ルアー エスケープツイン

【実力派】ツメを立てたままのザリガニではダメ!ノリーズのワーム『エスケープツイン』の水中姿勢に注目!

FISHING JAPAN 編集部

ツインパドルタイプというカテゴリーに属している、ノリーズの『エスケープツイン』をご紹介しましょう!

ホグ系と呼ばれるワームの形をしていますが、よく見てみると、カーリーテイル状になっている箇所がどこにもありません。

水をつかむというより、水をストンと擦り抜け、着底した場所でしっかりと2枚のパドルを揺らして、水を押すタイプのようですね。

その実力を確認してみましょう!!

食べごろの10.5センチ

ノリーズ『エスケープツイン』のサイズは、10.5センチです。

塩を含んだ高い比重の樹脂素材で作られているため、一気に底まで落ち切るようなアクションをします。

他メーカーのホグ系ワームは、もっとひらひらと水を拾う感じがしますので、使用感は全く違う気がします!

動画ではその水中アクションに注目してください。

実釣シーンで使い方を学ぶ

次の動画は実釣シーンです。

実際に『エスケープツイン』はどのように使われるか、参考にしてください!

ツメはどうしていたらザリガニらしい?

やはり『エスケープツイン』は、底付近を横移動する甲殻類に似せたものと考えていいでしょう。

エビやザリガニなどをイメージしてみてください。

ほんの少し前までは、バスがザリガニを襲うとき、ツメを立てて威嚇するので、こういった2つのツメ部分を持ったワームも、そのツメを上方に振り上げたポーズをとったほうが釣れると考えられていました。

しかし、実際に釣りをしてみると、そうとは言い切れない事実が分かってきたのです。

食いつきがいいのは…??

甲殻類がツメを振り上げているときは、バスの存在の気づいているとき。

そんな状態でいきなり甲殻類にバスが食い付くシーンを見たことがありません。

そのツメを下げて、底に着けているときは、バスに気づいていない油断の表れですから、迷わずバスはそれを襲っています。

ということは、ルアーで誘うときもツメに見える部分は下げているほうが、食い付きが良いように感じるのです。

『エスケープツイン』ならバスを誘発可能!

ノリーズ『エスケープツイン』は、そのままで2つのパドルを底に着けていますから、まさにバスの食い付きを誘発するのに適したルアーだといえるでしょう。

『エスケープツイン』の姿勢を常に意識しながら、釣りを展開してみてくださいね♪

ノリーズ『エスケープツイン』の商品レビューはこちらから

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング