バス釣り 沖 岸際 バス バスフィッシング

日中の時間帯ってバスはどこにいるの?水底をチェックして日差しが強くてもバスを釣ろう!!

FISHING JAPAN 編集部

夜明け前や日没前後の薄明るい時間帯は、魚釣りには向いているとよく言われますよね!

バス釣りにもその傾向はあるのですが、では日中は釣りにならないのでしょうか?

もっといえば、日中はバスがどこかへ行ってしまって留守なのでしょうか?

そんなことはないはずです!

あきらめて別の池へ移動するバス釣り人が多いですが、ちょっと踏みとどまってみませんか?

そこにいるはずのバスを釣る

止水域と呼ばれるゆっくりと水が流れる池、当然そこからバスが移動できるわけがないのです。

そこにいるのなら、たとえそれが日中でも釣り方があるはずですよね。

いったいどうすればいいのでしょうか!?

バスがいなくてもすぐにあきらめない

止水域で日差しの強い午前11時くらいから釣りを始めると、木々の生い茂った下には日陰ができます。

日差しが強いと、たいていはまったくバスの姿はありません。

だからといってあきらめるのは早いんです!

水中に沈んでいる木の向きに注目!

バスを目で見ていないからと、がっかりしている暇はありません。

水中の観察をしてみてください。

石や岩が転がっている他に、沈木を見つけました。

それが倒れている向きに注目してください!

時間をかけて粘り勝ちしよう!!

岸と並行ではなく、岸際と沖を結ぶような沈み方をしている沈木を見つけてください。

見つけたら、ボートを岸際に寄せて乗り上げ、動かないように固定してしまいます。

そこから始めるのは昼食もしくは休憩。

熱中症にならないように水分補給もおこなってください。

それらをおこなって十分時間をかけた後で、ボートの位置はそのままで、沖に向かってルアーを投げ、沈木に沿ってゆっくり岸際に向かって引っ張ってくるのです。

バスの移動する向きと位置がルアーのそれと重なる瞬間、ガバッ!と食い付いてくるかもしれませんよ!

あきらめずに粘り強く釣りに挑むことで、いつもよりおもしろい釣りができるかもしれません♪

一度試してみてくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング