釣行の写真

【船釣りマガジン】4本ヅノでトラブルレス!入門者にやさしい鹿島ヤリ(幸栄丸/茨城県鹿島港)

隔週刊つり情報編集部

3月13日、同僚6名でヤリイカ釣りに挑戦するため茨城県鹿島港の幸栄丸へ釣行した。

受付して右胴の間に並んで準備をする。

私はヤリイカ釣りの経験があまりなく、プラヅノ11cm4本のブランコ仕掛けにする。

5時に出船。

当日は風が強くウネリも高いため、ゆっくり進んで1時間ほどで鹿島沖のポイントに到着。

「水深70mです。底から10m上まで探ってみてください。どうぞ!」の合図で一斉に投入。

着底したら糸フケを取り、「着乗り」していないか確認。

乗っていないようなので、竿を下げてキュッとシャクってピタリと止めて数秒待ち、巻きながら竿を下げて再びシャクり、底から10m上まで探る。  

開始早々、両隣の同僚が着乗りで胴長35~40cm級のヤリイカを取り込む。

潮回りした次の投入では、私も着乗りで35cm級のヤリイカを釣り上げた。

すぐに再投入したが今度は着乗りはない。同僚も私も着乗りで釣れたことから底を集中して探る。

シャクり上げてしばし待ち、乗りがなければ巻かずにストンと仕掛けを落とし、再びシャクると乗った。

中速で巻き上げると先ほどよりも重い。

巻き上げが止まり、仕掛けをたぐると下2本のツノに胴長35~40cm級が2点掛け。

誘いがマッチしたのか、このあと35cm級のヤリイカを1杯、2杯と立て続けに取り込むことができた。

4本ヅノのブランコ仕掛けは扱いやすく手前マツリがほとんどない。

ツノ数を減らしておいて正解だった。

当日はサバの邪魔もなく、船長の合図と同時に投入できればヤリイカを手にできる確率が高い。

しかしこのあとヤリイカの群れが散りアタリが遠のいてしまい、2時間ほど群れを探して小移動を繰り返す。

目次

  • ツノさばきを練習
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング