ヘラブナ釣り ヘラウキ

アタリの判断が難しいヘラウキを使ったヘラブナ釣りのHOW TOを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

ヘラブナ釣りは、他の釣りのように、いきなりウキが消し込むようなアタリでははありませんよね?

モゾモゾ、とか、モヤモヤ、など微妙な前触れが合ってから、本アタリが来ることが多くあります。

こうした微妙な魚の動きが分かるのも、ヘラウキの役割の一つです。

今回は判断が難しいと言われる、ヘラウキのアタリの見分け方についてご紹介します。

ヘラブナが集まっているかも判断

練りエサと仕掛けを投入すると、ヘラウキが立ってからスーっと目盛が沈んでいって止まる動きがあります。

この動きが自然に動くようだと、まだエサの周りにヘラブナが集まっていません。

じっと我慢です。

ヘラウキの沈み方が、途中で止まりながら沈んだり、なかなか沈まなかったりすると、ヘラブナが集まってきたサインです。

このようなヘラウキの微妙な動きが始まったら、明確なアタリの前触れ!!

こういったタイミングを判断するのも、ヘラウキの微妙な動きが重要なのです。

本アタリはウキの目盛一つ分程度!?

ヘラウキのトップがゆらゆら揺れたり、不自然な動きをするのを見たことはありませんか?

それは、ヘラブナが練りエサをつついたり、泳ぐ魚の身体がハリスなどに当たっている時に見られる動きです。

こうした動きの後、「ツン」と、ヘラウキの目盛約1つ分沈んだ時がアタリの目安なのです!

エサを吐き出しても「ツン」というアタリが!!?

金魚を水槽で飼った事がある人は見たことがあると思いますが、金魚は一度口の中にいれたエサを吐き出しながら食べることがあります。

実は金魚も同じフナの仲間なので、ヘラブナも同様な食べ方をします。

そうなると、練りエを吐き出した時も「ツン」というアタリが出ます。

会心のアタリで合わせたのに、魚が乗らないのはこんな時だったのです。

ヘラブナのアタリを明確に判断するのは難しいのですが、とにかくモヤモヤした動きの後の、何らかのウキの変化にはすべて合わせるほうがおすすめです。

いかがでしたか?

ヘラブナのアタリは微妙ですが、迷ったらアワセる方が、結局また練りエサを打ち込むので、集まったヘラブナを留まらせる効果があります☆

攻略のカギはとにかく、アワセてエサを打ち込む事が大切です。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング