アイテムのアップ写真

高速リサイクラー2.0オプション 楽速電ドラビットは2023年新発売の電動ドライバーに装着する便利アイテム!

FISHING JAPAN 編集部

リールにラインを巻き付けるときや、すでにスプールに巻いてあるラインをリサイクルするときに重宝するのが、第一精工の高速リサイクラー2.0です。

いつもは手動で作業をおこなうのですが、なんと市販の電動ドライバーを使って回せるオプションパーツが、2023年リリースされます。

その名は、高速リサイクラー2.0オプション 楽速電ドラビット。

いったいどんなスペックに仕上がっているのか、使い方も含めてチェックしてみましょう。

高速リサイクラー2.0オプション 楽速電ドラビットとは

高速リサイクラー2.0オプション 楽速電ドラビットとは、2023年第一精工から新発売となる、ライン巻き作業用の便利アイテムのことです。

市販されている電動ドライバーを、高速に安定回転する動力源として利用します。

第一精工の高速リサイクラー2.0(別売)を使うときに、その巻き取り作業を楽に速くおこなえるでしょう。

パーツのサイズは、62mm×59mm×79mm。

ウエイトは66gと軽めで、材質はビット部分がS2合金、本体がガラス繊維強化プラスチックで出来ています。

ラバー部分は、PVCです。

高速リサイクラー2.0オプション 楽速電ドラビットの使い方を、順を追って解説しましょう。

①設置した高速リサイクラー2.0(別売)のハンドルギア部分に、電動ドライバーに装着した楽速電ドラビットを押し当てます。

お互いにギサギザした凹凸面があるので、接地面はすぐに判別できるでしょう。

②ライントラブルや使用者のケガなどを防止するために、回転方向を確認しながら、徐々に電動ドライバーの回転数を上げていきます。

いきなりトップスピードで回すと、トラブルの原因になりますので注意してください。

③ラインの巻き取り作業を停止したいときは、電動ドライバーのスイッチ操作で回転を止めてはいけません。

電動ドライバーは回したままで、ハンドルギア部分から引き離すようにしてください。

そうすれば一瞬で動力と切り離され、巻き取り作業を安全に停止することができます。

この作業に使用できる電動ドライバーは、接続口のタイプで判断します。

ひとつは、六角軸6.35mmのスリーブタイプなら、楽速電ドラビットを装着可能です。

もうひとつは、3爪式のドリルチャックタイプ。

こちらでも楽速電ドラビットを安定してつかめるので、作業することができます。

高速リサイクラー2.0オプション 楽速電ドラビットを使う際は急な作業を止めよう!

高速リサイクラー2.0オプション 楽速電ドラビットを使用する際の注意点です。

とにかく急な作業、例えば急回転や急停止などは、絶対におこなわないようにしましょう。

ラインがスプール上で膨れ上がったりするトラブルが起こり、おもわぬケガに至ってしまうかもしれません。

丁寧にゆっくりと作業を進めることを心がけ、安定してきたら徐々に回転スピードを上げていくのがベターでしょう。

両軸リールからラインを巻き取るときの注意点!

高速リサイクラー2.0オプション 楽速電ドラビットを用いて、両軸リール=ベイトリールのスプールからラインを抜き取る作業をする場合、バックラッシュトラブルが発生するかもしれません。

リール側のスプール制動を緩め過ぎないようにして、メカニカルブレーキなどを調整しておきましょう。

電動ドライバーの回転も、ゆっくりからスタートするのが基本となります。

高速リサイクラー2.0オプション 楽速電ドラビットの使い方を分かりやすく解説している動画はこちら

楽速電ドラビットと同時に使用するおすすめアイテムはこちら

楽速電ドラビットと同時に使用するおすすめアイテムは、もちろん第一精工の高速リサイクラー2.0です。

ライン巻き取り作業をおこなうときの超定番アイテムなので、使っている人はかなり多いでしょう。

第一精工 高速リサイクラー2.0 215x95x90mm(シャフト除く) 33198

第一精工 高速リサイクラー2.0 215x95x90mm(シャフト除く) 33198

最安値価格
¥3,968(amazon)

Amazonへ ¥3,968

楽天市場へ ¥3,993

Yahoo!へ ¥3,992

第一精工からリリースされている、ライン巻き取り作業用の便利アイテムです。

3ボールベアリング内蔵で、最大取付幅は43mm。

ウエイトは460g(ロングシャフト使用時)で、40mm(ショートシャフト)と100mm(ロングシャフト)を選べるようになっています。

ギア比は、3.5対1です。

ラインテンションを調節しながら、リールに巻き取りできます。

またリールに巻いてあるラインを、空のスプールにスピーディに巻き取りすることも可能です。

実際に使ってみると、使用方法は分かりやすく、剛性・耐久性もじゅうぶん備わっています。

長く手元に置いて使い続けたくなる、ライン巻き取り作業の必須アイテムといえるでしょう。

実売価格は3千円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

高速リサイクラー2.0オプション 楽速電ドラビットの気になる発売日はいつ?

高速リサイクラー2.0オプション 楽速電ドラビットの気になる発売日は、2023年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,540円です。

メーカーサイトでも通販で購入できるので、在庫の有無を確認してからゲットしましょう!

第一精工の関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

リール」カテゴリの人気記事

ライン(釣り糸)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング