釣行の写真

【船釣りマガジン】東京湾の伝統釣法・テンヤスミイカを学ぶ!タックルや釣りのコツを徹底解説!(根岸丸/神奈川県磯子港)

隔週刊つり情報編集部

テンヤスミイカ~今こそ見直す面白さ~

過去には相模湾で乗合船が出たこともあったが、現在スミイカを専門に狙うことができるのは東京湾だけ。

例年10月前後から始まり、翌年3月上旬ごろまでがシーズンになる。
 
スミイカの釣り方はアオリイカのように中オモリを使う餌木釣り(胴つき仕掛けにスッテを使う釣りも含む)と、シャコを縛ったテンヤで釣るテンヤスミイカの2通り。

以前はスミイカといえばテンヤの釣りと決まっていたが、20年ほど前に餌木の釣りが登場してからは、釣り方を区別する上で「餌木スミイカ」「テンヤスミイカ」と表記するようになった。
 
そのスミイカ、シーズン初期は中ノ瀬や木更津沖など水深20m以内の浅場がポイント。

その後、年明け前後から少しずつ釣り場が南下、海堡周り、竹岡~大貫沖、観音崎沖、久里浜~下浦沖などを狙うようになる。

それとともにポイントの水深も30~40m、50~60mと深くなり、年によっては70~80mくらいまで狙うこともある。
 
餌木スミイカは中オモリ8~10号と軽いので、水深20m以内を狙うシーズン初期の釣りになる。

深場では釣りづらくなるため、例年12月一杯で乗合船は終了する。
 
一方、テンヤのスミイカはオモリ20~25号なので深場も攻められ、年明け以降のスミイカはテンヤ一色になる。

目次

  • 今シーズンは早めに深場へ
  • 思うように釣れないから面白い
  • 釣れないときこそ攻めの釣り
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング