アイテムのアップ写真

フォーセップwithピンオンリールは2023年新発売の便利な針ハズシアイテム!

FISHING JAPAN 編集部

魚にルアーやワームリグを飲み込まれたとき、いつもどのように対処していますか?

パワフルなプライヤーで一気に取り外せればいいのですが、ノドの奥だとプライヤーの太いノーズでは届きません。

そんなときに頼りになるのが、2023年アブガルシアブランドから新登場の、フォーセップwithピンオンリールです。

どのようなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

フォーセップwithピンオンリールとは

フォーセップwithピンオンリールとは、2023年にアブガルシアブランドからリリースされる、針ハズシ用便利アイテムのことです。

全長は、約14cmと長めの設定で、ウエイトは約70g。

これぐらいのウエイトなら、指先で細かな作業をおこなうのに丁度いいでしょう。

フォーセップ本体の素材はステンレスなので、水に強くサビにくい特徴を持っています。

とはいえ使用後に魚のヌメリなどが付着したままだと、やはり傷んでしまいますから、拭き取りメンテナンスをマメにおこなってください。

ピンオンリールのボディはスチール製ですから、水に直接浸けるのは控えましょう。

フォーセップの先端に注目してください。

ストレートノーズではなく、少し曲がったベントノーズを採用しています。

このほうが、魚のノドに刺さったフックを、しっかりとつかみやすいのです。

フックも真っ直ぐで、フォーセップもストレートだと、チカラを込めて挟んでもクルリと回ってしまうことがあります。

そうなると挟んでいるチカラが100%伝わらず、結果的にハリ先が魚から抜けない事態に。

リリースを考えているなら、一刻も早くフックを外す必要があるので、的確に作業をおこないやすいベントノーズに分があります。

真っ直ぐなフックを曲がったベントノーズで挟めば、接点が2点以上になり、しっかり支えられる状態を作り出せます。

そこから引っ張ることも捻ることもカンタンなので、刺さったフックが外しやすいわけです。

フックの曲がった部分との相性も良好で、ベントノーズを一度使うと手放せなくなるでしょう。

ただし、魚のノドの奥までフックが入ってしまっている場合は、ストレートノーズのほうが確実に挟めます。

状況に応じて使い分けるのが、ベターかもしれません。

ちなみに、ノドからの挿入ではなく、エラからフックを外さなければならないケースも。

そんなときこそベントノーズの作業のしやすさが、とても有効に感じるでしょう。

3段階ロック機能を装備しているフォーセップwithピンオンリール!

フォーセップwithピンオンリールの指を入れるハンドルにも注目してください。

ロック部分がハンドルの間に設けられていて、3段階でロックし、しっかりとホールドできるようになっています。

しっかりと挟んで離したくないときは、深く挟み込んで強めのロックをおこなってください。

挟み込みに安定感が生まれますから、そこからの作業がやりやすくなるはずです。

約42cmも伸びしろのあるピンオンリール付き!

フォーセップwithピンオンリールのビンオンリール部分にも注目しましょう。

引き出すと、長さは最大で約42cmにも及びます。

これならゲームベストなどに装着しておいて、必要なタイミングで素早く引き寄せることができます。

使い終わったら、リールは自動的に巻かれて、フォーセップはゲームベストに密着した状態でぶら下がっていることに。

ポケットに収納しなくて済むということは、他のアイテムをポケットに入れておけるということ。

釣り場での行動かしやすくなり、集中力が削がれる要因は減るでしょう。

フォーセップwithピンオンリールのカラーは、シルバーカラーの1色のみです。

フォーセップwithピンオンリールを装着するのにおすすめのゲームベストを選んでみた!

フォーセップwithピンオンリールを装着して釣りを楽しむのに、おすすめのゲームベストを取り上げてみましょう。

ショアからのキャスティングゲームに用いるなら、ポケットなどの収納スペースが豊富なあるものが重宝します。

mazume レッドムーン ライフジャケット IX MZLJ-591-02 ブラックカスリ フリー 浮力7.5㎏/24h

mazume レッドムーン ライフジャケット IX MZLJ-591-02 ブラックカスリ フリー 浮力7.5㎏/24h

最安値価格
¥21,879(楽天市場)

Amazonへ ¥24,069

楽天市場へ ¥21,879

マズメからリリースされている、機動性の高いゲームベストです。

ウエストハーネスを採用していて、体のラインに沿うように着用することができます。

ショルダーベルトの材質が硬く、ベルトにポーチを取り付けやすくなっています。

軽くて柔らかい使用感は、長い釣行になったときにあまり疲れを感じずに済みます。

ポケット類の収納量は多めで、両手にはロッド・リールのみでランガンを繰り返せるのが嬉しいです。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

フォーセップwithピンオンリールの気になる発売日はいつ?

フォーセップwithピンオンリールの気になる発売日は、2023年の1月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,400円です。

魚の大小にかかわらず、フォーセップで針ハズシ作業をおこなっていると、使い方が上手くなります。

ロックの加減も分かってくるので、作業そのものが短縮され、魚へのダメージは抑えられるでしょう。

釣具の関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング