ルアーのアップ写真

オーバーリアル63ウェイクに2023年追加カラー登場!

FISHING JAPAN 編集部

水面で漂う弱ったワカサギなどのベイトフィッシュと見間違うほど生命感が溢れているルアー、osp・オーバーリアル63ウェイク。

2023年には、新しいカラーバリエーションが追加されます。

その特徴や使い方、操るのに適しているおすすめのタックルについて、ご紹介しましょう。

オーバーリアル63ウェイクとは

オーバーリアル63ウェイクとは、ospからリリースされている、バス釣り用ジョイントウェイクミノーのことです。

全長は63.0mmと、コンパクトで細身。

ウエイトは2.6gしかありませんから、水面に浮かび上がるフローティング仕様になっています。

ワカサギが産卵を終えて傷んでいる状態になると、水面でピクピクとうごめくようになります。

いかに同じような雰囲気をルアーで作り出すか考えたとき、ジョイント構造でスリムなこのデザインに行き当たったのでしょう。

オーバーリアル63ウェイクの胸元と最後尾に注目してください。

極細の特殊繊維が、束となって装着されています。

遠目で見ると、水中を漂うヒレにしか見えません。

特殊繊維が複数伸びていることで、水をしっかりつかんで制動する機能も兼ね備えています。

アングラー側からのロッドワークをとらえるリップは、絶妙なウォブリングとローリングのアクションを発生。

起こった波動は周囲の水面を的確に揺らし、それに気づいたバスが寄って来ることにつながります。

フライフィッシングにおけるマテリアルの中にも、この特殊繊維のような極細のものがあります。

やはり水に解け込むかのように先端を広げて、誘いの要素を膨らませてくれます。

オーバーリアル63ウェイク自体が非常に軽いルアーなので、フライマテリアルと混在させることが、生命感を際立たせることに直結しているのでしょう。

フックは、刺さりに定評のあるリューギ・ピアストレブルダガーの10番サイズ。

ラインアイに付いているスナップは00番で、フックアイには1番のスプリットリングが装備されています。

スペアパーツとして、特殊繊維が付いているのはとてもありがたいです。

オーバーリアル63ウェイクを実際に使ってみた!

オーバーリアル63ウェイクを実際にフィールドで使ってみました。

タックルは、軽いものをロングキャストすることが可能な、スピニングロッド+スピニングリール

極細のPEラインとのマッチングは良好ですが、移動距離を抑えたいなら、比重の高いフロロカーボンラインを用いるのも面白いでしょう。

リザーバーの沖合いに浮かぶ流木が、岬の先端に差し掛かったのを見て、ロングキャストを敢行。

着水音はとても静かで、流木までゆっくりと近づけていきます。

そして接触した瞬間、真下に黒い影が!

すぐにはバイトしてきませんでしたが、真下から離れることもなく、オーバーリアル63ウェイクを追従してきます。

ロッドティップを立てると、バスに気づかれるかもしれないので、リールハンドルを回す+キルを入れるを交互に。

それだけでスポンスよく水に絡んでは浮上を繰り返し、その都度特殊繊維が揺らぎます。

さすがに我慢し切れなくなったのか、バスは大きく口を開けてあっという間にオーバーリアル63ウェイクを持ち去ってしまいました。

ボトムに向かって突っ込む動きをしてくれたので、ドラグを利かせて弱らせながら、無事ランディングすることができました。

合計2種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

オーバーリアル63ウェイクには、2023年新しい2種類のカラーバリエーションが追加されます。

●旨ワカサギ PC91

●リアルゴールドワカサギ RP91

とてもリアルでナチュラルな仕上がりになっていて、弱ったワカサギを演出するのに使いたくなります。

ロングポーズからの繊細な入力によるアクションは、バスを捕食モードに切り替えるきっかけとなるでしょう。

サスペンドにチューンするよりも、ルアーの背中で水面をゆっくり押し上げる効果のほうが、オーバーリアル63ウェイクを活かせるかもしれません。

オーバーリアル63ウェイクをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

オーバーリアル63ウェイクをキャストして操るのに適している、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

ロッドは、6ftから7ft前後のULからLパワーブランクスのスピニングロッドが合います。

リールは、2500番サイズのスピニングリールに、0.6号前後のPEラインを巻いてアプローチしましょう。

ダイワ(DAIWA) 21 ブレイゾン S64L-ST 1ピース スピニングモデル

ダイワ(DAIWA) 21 ブレイゾン S64L-ST 1ピース スピニングモデル

最安値価格
¥13,503(Yahoo!)

Amazonへ ¥14,322

楽天市場へ ¥13,697

Yahoo!へ ¥13,503

ダイワのバス釣り用ロッド・ブレイゾンシリーズの中から、6.4ftのLパワースピニングロッドを選んでみました。

全長は1.93mと、取り回ししやすい長さに設計されています。

グリップジョイント方式なので、仕舞寸法は169cmです。

ウエイトは89gと、とても軽く作られているので、長い時間釣りを続けても手首・ヒジなどに負担はかかりにくいでしょう。

先径/元径は1.2/10.8mmと細めで、適合するルアーウエイトは0.9gから7gまでです。

これならオーバーリアル63ウェイクをキャストしやすく、微細なアクションもつけやすいでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2.5lbから6lbまで、PEラインなら0.4号以上なら扱えるはずです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、86%になっています。

実際に手に取って振ってみると、とてもシャープな仕上がりで、ロッドティップはしなやかに曲がり込む印象です。

軽めのルアーをキャストするのにいい感じで、バックスイングを取ればじゅうぶんなしなりが得られます。

アキュラシー精度の高いキャストを繰り出せると、バスがバイトしてくる確率はアップするでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ダイワのブレイゾンシリーズは、選択肢が豊富でさまざまな釣り方を試せるように、工夫が凝らされているロッド群。

自分なりにいろいろ試してみて、扱いやすい1本を見つけ出してみましょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 バリスティック FW LT2500S-CXH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 バリスティック FW LT2500S-CXH (2019モデル)

最安値価格
¥24,500(amazon)

Amazonへ ¥24,500

楽天市場へ ¥26,180

Yahoo!へ ¥24,500

淡水専用のスピニングリール・バリスティックFWシリーズの中から、2500番サイズのエクストラハイギア仕様を選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1巻きにつき87cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

ウエイトは165gと極めて軽く、繊細なロッドワークを駆使するのに向いています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ラインキャパはPEラインなら0.6号を200m、モノフィラメントラインなら6lbを100m巻けます。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて扱いやすい印象を持ちました。

ハンドルの巻き心地も軽快で、ラインスラックが発生してもすぐにラインテンションを復元できるでしょう。

ドラグのレスポンスも良好なので、ライトラインに負荷をかけ過ぎずに、バスとのやり取りを楽しめそうです。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

もっと細いラインを使うつもりなら、2000番サイズのスピニングリールも手に取ってみてください。

オーバーリアル63ウェイク追加カラーの気になる発売日はいつ?

オーバーリアル63ウェイク追加カラーの気になる発売日は、2023年の2月上旬を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,145円です。

ワカサギがベイトフィッシュとして存在しているリザーバーなら、産卵の季節に合わせて積極的に使ってみましょう。

河川や水路・池などにも、小さなベイトフィッシュが存在しているので、ぜひ投入してみてください。

ospの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

OSP」カテゴリの人気記事

DAILYランキング