釣行の写真

【船釣りマガジン】[吉岡進の新世代沖釣り方程式(第8回)]東京湾のシーバスジギング(つり幸/神奈川県川崎)

隔週刊つり情報編集部

東京湾にシーバスがいて、本当によかった。

シーバスは船でのルアー釣り入門に最適な魚だ。

理由はいくつかある。

①数が多い。

東京湾はシーバスだらけと言ってもいい。

最近はやや減少傾向との調査報告もあるが、釣りやすい魚なのは確かだ。

②ジギングは簡単! 

落ちてくるモノに反応するシーバス

金属製の細長いルアー、メタルジグを落とし込むだけで食いついてくれる。

素直で陽気なキャラクターのシーバスなので、活性が高いとバタバタッと釣れ盛り、船中が賑わうシーンもしばしば見られる。

③引きが強い。

小型のシーバスでさえ、グイグイと竿を引き込むファイター。

エキサイティングな引きを味わえば、「ルアーフィッシングっておもしろい!」と思えるはずだ。

④タックルを選ばない。

竿は、軟らかめのものならなんでもいい。

バスロッド、シロギス竿、汎用竿など、手持ちの竿で試してみよう。

ジグを落とす動作が基本なので、ベイトリールがオススメだが、投げたほうがいい場面もあるので、スピニングリールもアリだ。

もちろん船宿のレンタルタックルを利用してもいい。

⑤仕掛けがシンプル。

道糸のPEに直結した先糸(リーダー)の先に、ジグを付けるだけ。

ビギナーでも扱いやすい。

⑥沖で釣ったシーバスは食べてもうまい。

上品な白身は刺身、ムニエル、フライ、味噌漬けなど、どんな料理でもおいしくいただける。

⑦最も重要なのは、②と矛盾するようではあるが、適度な難しさがあることだ。

その日・その場所のヒットパターンというものがあって、よく釣れる人・そこそこ釣れる人・あまり釣れない人の差が出る。

簡単なようでちょっと難しいから、熱中できる。
 
12月中旬、東京湾奥川崎・つり幸のシーバス船に乗り込んだヨッシー&取材陣。

平日だというのに多くの釣り人で賑わっている。
 
当コーナーでは前回、シーバスのコノシロパターンを紹介した。

これはデカいルアーを投げ、一発大物を狙うちょっとマニアックな釣りだった。
 
コノシロパターンが落ち着き、冬が深まるにつれて、シーバスは群れをなして深場へと落ちていく。

こうなるとジギングの出番。

簡単で数釣りが見込める人気の釣り物として、多くのファンを惹きつけているのだ。
 
本格シーズンの幕開け、というタイミングではあったが、シーバスの食いは活発だった。

朝イチは千葉沖に出向き、水深10m前後の浅場を狙う。

ナブラが発生し、シーバスが完全に魚体を見せてジャンプするシーンもあり、瞬く間に船中の竿が大きく曲がる。
 
ここのところシブい釣りを繰り返していたヨッシーも、「やっぱり魚が釣れるって、素晴らしいことだね!」と笑顔だ。

フォールでのアタリを瞬時にとらえ、鋭い合わせで釣り上げる。
 
陽気なシーバスとはいえ、やはり食い渋る時間帯はある。

そんなときでも狙うタナを変えたり、誘い方を変えたりしながら、ポツリポツリと拾う釣りを見せるのがヨッシーの真骨頂だ。
 
今回は、3月にジャッカルから発売予定のSLJ(スーパーライトジギング)ロッドのプロトタイプと、バンブルズジグTG SLJ30gという、文字どおりスーパーライトな組み合わせも試した。
 
良型シーバスにバットまで竿を曲げられながら、「このスリリングなヤリトリがたまらないんだよね~」とシーバスの引きを堪能していた。
 
ビギナーでもエキスパートでも、ルアーフィッシングのだいご味をたっぷり楽しめるシーバスジギング。

東京湾にシーバスがいて、本当によかった!

目次

  • タックルの方程式
  • ルアーの方程式
  • 先生が教える基本釣法
  • 生徒なりのお気付きポイント
  • ヨッシーの実釣レポート
  • 東京湾のシーバスジギングの解
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

ジギング」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング