ルアーのアップ写真

カゲロウMD95Fでシャローレンジのシーバスを攻略したい!【メガバス】

FISHING JAPAN 編集部

メガバスのシーバスゲーム用リップレスミノー・カゲロウシリーズに、2022年新しい仲間が加わります。

その名は、カゲロウMD95F。

既存モデルのカゲロウと比較して、頭部アゴ下のスポイラービルに特徴があります。

詳細スペックや使い方について、深掘りしてみましょう。

カゲロウMD95Fとは

カゲロウMD95Fとは、メガバスから2022年11月下旬にリリースされる、シーバスゲーム用リップレスミノーのことです。

全長は95mmで、ウエイトは12g。

フローティング仕様ですから、潜行深度は最大で0.8mまでとなっています。

この潜行レンジは、シーバスを攻略する上でとても美味しいところです。

水面や表層を意識しているシーバスは、その場にとどまってイナッコやカタクチイワシを待っているわけではありません。

ひとつ下のレンジ、つまり水深1m前後に身を潜めて、自分の上を通過する無防備なベイトフィッシュを襲おうとします。

その潜んでいる水深と、カゲロウMD95Fのスイミングレンジがぴったり合いますから、一旦そこまで潜らせてからふらふらと浮かせると・・。

当然そのまま目の前を泳がせるのもアリでしょうから、アングラー個々が自分なりのアプローチを構築していくのが楽しみなルアーです。

フックは、5番サイズのトレブルフックが、お腹と最後尾に装備されています。

5番サイズは結構大きめで、細身のボディと相まってフッキング効率はアップするはず。

ただ巻きリトリーブでも浮上アクションでも、しっかりとバイトをランディングまで持ち込めるでしょう。

カゲロウMD95Fの頭部に注目してください。

既存モデルのカゲロウMD125Fと同じような、前方突き出し型のスポイラービルにデザインされています。

これにより、オリジナルのカゲロウよりも一段下のレンジに、スムーズに到達することができるのです。

しかもレンジキープも容易におこなえるなら、シーバスがいきなり食い付いてきてもおかしくはないでしょう。

重心移動システム・LBOⅡを搭載したカゲロウMD95F!

カゲロウMD95Fのボディ内部には、メガバスオリジナルの重心移動システム・LBOⅡが搭載されています。

これにより最長飛距離がアップし、広範囲をくまなく探ることが可能になります。

レーンの内壁にボールベアリングが接触する仕組みになっていて、内蔵ウエイトが瞬間的に移動してくれます。

最後尾へ移動して飛距離を伸ばし、着水とほぼ同時にお腹側へ戻って、レスポンスのいいアクションを引き出すのです。

一億回以上のキャストにも耐えられる、世界最高水準の高耐久性を誇っていますから、安心してキャストを続けられるのもメリットでしょう。

合計12種類のカラーバリエーションから選択可能!

カゲロウMD95Fには、全部で12種類のカラーバリエーションが用意されています。

●GG IWASHI

●GG BORA

●GG CHART BORA

●GG AKAKIN SPARKLE

●OBORO AYU

●GP CLEAR BORA

●GP PINK BACK

●GP YELLOW VENUS

●GP RED HEAD

●PH GHOST CANDY

●PM CHART BACK

●DO CHART

個性的で視認性の高い配色が揃っていて、メガバスらしいハイクオリティな仕上がりが魅力的です。

釣り場のシチュエーションやシーバスの捕食対象に合わせて、カラーローテーションしてみましょう。

カゲロウMD95Fを操作するのにおすすめのロッドを選んでみた!

それではカゲロウMD95Fをキャストして操るのに向いている、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

ウエイトが12gと軽めですから、MLパワー前後のブランクスを採用したスピニングロッドがマッチするかもしれません。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド シーバス ムーンショット 2021年モデル S100ML シーバス ショアキャスティング

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド シーバス ムーンショット 2021年モデル S100ML シーバス ショアキャスティング

最安値価格
¥12,403(楽天市場)

Amazonへ ¥13,951

楽天市場へ ¥12,403

Yahoo!へ ¥12,530

比較的価格が抑えられていて、長めブランクスで広範囲を探れるスピニングロッドといえば、シマノのムーンショットシリーズがおすすめです。

全長3.05mで継数は2本、仕舞寸法は156.0cmに設定されています。

ウエイトは160gで、先径は1.8mm。

適合するルアーウエイトは、6gから32gまでですから、カゲロウMD95Fをロングキャストするのに向いているでしょう。

適合するラインは、PEラインなら0.6号から1.5号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.7%になっています。

実際に手に取って継いでみると、じゅうぶんな長さと張りを感じることができます。

硬過ぎるイメージはなく、負荷をロッドティップにかけると、しなやかに曲がり込んでくれました。

グリップ周りは細身シェイプで、長時間の釣行にも耐えられるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

カゲロウMD95Fを駆使してランカーシーバスを釣り上げよう!

カゲロウMD95Fの特徴や使い方、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、2,180円です。

河口域を中心に、イナッコやカタクチイワシが群れで入り込んでいるエリアを、カゲロウMD95Fで丹念に叩いてみましょう。

メガバスの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

メガバス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング