釣行の写真

【船釣りマガジン】アタリ活発、大ダイも期待。今が狙い目!常磐の一つテンヤ

隔週刊つり情報編集部

マダイは日本人にとって古くから祭事や祝い事には欠かせない魚だ。
 
そこで各地で独特な漁法が生み出されてきた。

沖釣りに目を向けても、これまで様ざまなスタイルのマダイ乗合があったが、その中でも主流になりつつあるのが「一つテンヤ」だろう。
 
仕掛けがシンプルな一つテンヤはダイレクトにマダイの引きが伝わり、細いラインでのヤリトリはスリリングそのもの。
 
それだけに取り込んだときの「釣った感」はひとしおで、この感覚が人気に拍車をかけているのかもしれない。
 
10月10日、そんな一つテンヤマダイの取材に私が向かったのは茨城県日立会瀬港のことぶき丸だ。
 
マダイは春と秋がシーズンという印象が強いが、このエリアでは一年中マダイが狙え、ことぶき丸も周年マダイで出船している船宿の一軒。
 
気になる釣況もトップで10枚前後と安定しているので期待は十分。 

しかも取材前日には3.6kg、前々日にはなんと7.1kgの大ダイも釣れたとあれば、なおさらだ。

実は、同船は前回の取材で3kgのマダイとヒラマサまで釣った私にとっては験のよい船宿。

今回は柳の下の2匹目のドジョウを期待しての釣行である。

目次

  • 早朝がチャンス!
  • 潮止まりで大ダイ浮上
  • 当日の一つテンヤ仕掛け
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

一つテンヤ」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング