バス バス釣り バスフィッシング

【実録】バス釣りシミュレーション!幹まで水に浸かっている木を見つけたら?バスはいったいどこだ…!?

FISHING JAPAN 編集部

太い木が岸際に生えています。

バス釣りに行かれるとこのような光景、見ませんか??

枝が伸びて陰ができているし、水の色が濃くて深そうですよね。

現場でシュミレーションしていくように見ていきましょう!

いったいバスはどこにいるのでしょうか??

木が水の中に!

木の幹が冠水しているものもあって、こうなると水生植物ではないのですから、根腐りして最終的には倒れてしまいそうです。

水深もずいぶんある感じなので、試しにロッドを水中に突っ込んでみると、2メートルは軽々超える深さでしょう。

無数の細長いもの発見!

木の幹のすぐ隣りには、水生植物と絡まるようにして無数の細長いものが。

これって根ですね。

ずっと水に浸かっているから腐ってしまうのかと心配していたら、なんと自己対応しているじゃないですか。

しかもこの周りには、小魚や昆虫がいっぱい!

もしかしたら、バスも…?

ビッグバス発見!

やっぱりこういう場所にバスもいます!

ちょうど下側に潜り込んで隠れていて、体格の良いビッグサイズに納得ですね!

ルアーを根や水生植物に沿うようにして泳がせていると、ガツン!と食ってくることがあるんです。

木の幹だけに向かってルアーを投げていると、獲れなかったバスかもしれません。

釣り場では、ポイントをじっくり観察してから、丁寧にアプローチしてみてください!

思いもよらないあたりがあるかもしれません♪

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング